Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめ!

2022年3月1日

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

スマートフォンで音楽を聞きながら歩く日本人女性

BookCrunch編集部

BookCrunchは「読書のハードルを下げる」をモットーに、専門家による監修のもとさまざまな情報を発信しています。

Amazonが提供しているオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」。

紙の本やKindleとは異なり、音声で読書を楽しめます。読書に対するニーズが多様化している中で生まれたサービスです。

筆者は、Audibleは読書が苦手な人におすすめだと考えています。今回はその理由を紹介していきます。

読書習慣がない人や、これから読書を趣味にしたい人はチェックしてみてください。

本記事は、Audibleを毎日使っている(@hiroky_info)が監修しています。

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめな理由

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめな理由

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめな理由を紹介します。

活字を読む必要がない

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめな理由の1つ目は「活字を読む必要がない」です。

音声で読書を楽しむサービスなので、活字を読む必要がありません。

読書が苦手な人に多くみられる傾向として、文章を読むのが好きではないことが挙げられます。

読解力に自信がない人は、試してみてはいかがでしょうか。

友人の話を聞くのが好きな人や、ラジオを聴くのが好きな人には適しています。

同じく音声で楽しめるオーディオブック(audiobook.jp)もおすすめですよ。

Audibleとの違いを把握したい人は、以下の記事もご参照ください。

スマホで音楽を聴く日本人女性
Audibleとaudiobook.jpのラインナップや料金など徹底比較!おすすめは?

続きを見る

読書習慣が身につきやすい

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめな理由の2つ目は「読書習慣が身につきやすい」です。

読書が苦手な人は、当然ではありますが読書習慣が身に付いていません。

しかし、普段から音楽を聴いている人は多いのではないでしょうか。

音楽を聴くように、読書に親しむことで習慣が身に付きやすくなります。

しばらくすると、無意識レベルでAudibleを聴いていることに気づくはずです。

本やKindleを運ぶ手間がない

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめな理由の3つ目は「本やKindleを運ぶ手間がない」です。

スマートフォンやタブレットがあれば、専用のアプリでAudibleを楽しめます。

もしくは、Alexa(アレクサ)から読み上げを機能させることも可能です。

Kindleもスマートフォンやタブレットでアプリをインストールすれば利用できますが、ここでいうKindleはデバイスのことを指しています。

Kindleデバイスを買ったものの、持ち運びが面倒に感じる人もいるのではないでしょうか。

そのような人には、ほぼ何も持ち運ぶ必要のないAudibleがぴったりです。

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめ!

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人におすすめな理由を紹介しました。

月額1500円で、豊富なジャンルの作品が聴き放題になるのでチェックしてみてください!

無料体験も利用できるため、とりあえずお試しで使ってみることをおすすめします。

また、「【Amazon】Audibleによる読書がおすすめな理由4選!」の記事もあわせて読んでみてください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BookCrunch編集部

BookCrunchは「読書のハードルを下げる」をモットーに、専門家による監修のもとさまざまな情報を発信しています。

-Audible, オーディオブック