ながら読書とは?ながら読書を家事や仕事で実現する方法について解説

仕事や家事に追われ、本を読みたくても時間がない人は多く見られます。

 

1日に1冊読むことを目標にしていたとしても、習慣化できず読書から離れてしまった人もいるかもしれません。

 

読書家と呼ばれる人たちは、どのように時間を捻出しているのでしょうか。

 

時間を捻出する方法の1つとして、ながら読書について解説していきます。

 

本記事は、毎日本を読んでいる書籍商(@hiroky_info)が監修しています。

 

ながら読書とは

 

ながら読書とは、何か別の作業をしながら本を読むことです。

 

以下のようなケースが考えられます。

 

  • お風呂に入りながら読書
  • 音楽を聴きながら読書
  • 横になりながら読書
  • 育児をしながら読書

 

お風呂に入りながら読書するには、防水仕様のブックカバーを使う必要があります。

 

しかし、100%水の侵入を防げるわけではありません。

 

音楽を聴きながら読書することは、自然に実践している人も多い方法です。

 

特に、歌詞のないジャズやクラシックをBGMとして聴きながら読書している人は多いですよね。

 

カフェで読書するようなものです。

 

しかし料理や家事、仕事をしながら読書するのは困難。

 

両手がふさがってしまうと読書どころではありません。

 

ながら読書を家事や仕事で実現する方法

 

ながら読書を家事や仕事で実現する方法について解説します。

 

料理や仕事をしながら読書するにはどうすればよいのでしょうか。

 

結論としては、オーディオブックの活用です。

 

本をもつ必要はなく、ナレーターが朗読してくれるサービス。

 

近年は様々なオーディオブックサービスがリリースされています。

 

中でも人気なのはAmazonが提供しているAudible(オーディブル)

 

月額1500円で聴き放題です。

 

紙の本やKindle本で有料だった本も、無料で聴ける場合があります。

 

筆者が使っているのはAudibleの聴き放題。

 

集中力が切れたり家事をしたりする場合に使うことがあります。

 

ながら読書をオーディブルで行うメリット

 

ながら読書をオーディブルで行うメリットについて紹介します。

 

両手がふさがらない

 

オーディオブックは音声のため、紙の本やKindle端末を持つ必要がありません。

 

両手がふさがらないので、料理やパソコンを使った仕事ができます。

 

気分転換さえも生産的になる

 

仕事や勉強への集中力が切れたら、気分転換に音楽を聴いたりスマートフォンをいじったりする人は多くみられます。

 

しかし、気分転換さえも生産的なものにしようと考える場合は、オーディオブックがおすすめです。

 

紙の本とは異なり、情報を受動的にキャッチできます。

 

疲れたときに活字を読みたくない人にぴったりです。

 

臨場感がある

 

Audibleは、プロのナレーターが朗読してくれます。

 

感情が込められているので、特に小説の場合は臨場感があります。

 

ながら読書のまとめ

 

より多くの本を読みたい人は、オーディオブックを使った「ながら読書」を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

AmazonのAudibleであれば、無料体験が実施されておりいつでも退会できます。

 

期間中に使うだけ使って無料で退会することも可能です。

 

一度も使ったことない人は、ぜひ試してみてください。

 

本に対する価値観が変わるはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター / ライター。選書サービス「雨音選書」を運営。選書した本を紹介しています。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊、bizSPA!フレッシュ などで執筆。aumo公式ライター。

-オーディオブック

Copyright© AMANAUT , 2022 All Rights Reserved.