読書に効果はないといわれている理由や読書のメリットを解説!

2022年4月27日

本を読む女性

「読書はあまり効果がない」と感じることは、ありませんか。

 

残念ながら読書の効果を実感できていない人は、多く存在します。

 

しかし、読書でしか得られない恩恵があるのも事実です。

 

また、ビル・ゲイツやウォーレン・パフェットなどの成功者たちは、読書習慣という共通点をもっています。

 

>> GatesNotes(ビルゲイツのブログ)

 

では、効果がないと感じる人と、習慣化している人の違いはどこにあるのでしょうか。

 

今回は、本を読むことは「効果がない」と思われる原因と、効果を実感しやすい読書の方法について紹介していきます。

 

BookCrunchは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

読書は効果がないと思われる理由

本と時計とペン

 

それでは、「読書は効果がない」と思われるのはなぜでしょうか。

 

主に2つの理由が挙げられます。

 

読み終わった直後に変化が感じられないから

 

読書は、ただ読むだけでは変化を感じにくいものです。

読んだ内容を自分の中に落とし込み、自分なりに解釈して行動に移すことで、変化を感じられるようになります。

 

読み終わった直後に変化を感じることは少なく、数ヶ月〜数年という年月を経て実感するかもしれません。

 

そのため、即効性を求める人はあまり「効果がない」と感じてしまうのでしょう。

 

読書する人が周りに少ないから

 

あなたの周りに読書する人はいますか。

 

周囲に読書する人がいれば、読書の魅力を自然に感じるものです。

 

好きな本や読んだ本の話で、盛り上がることもあるでしょう。

 

しかし、周囲に読書する人がいない場合、そのようなことは起こりません。

 

周囲の環境も、自身の「読書に効果はない」という考え方に少なからず影響しています。

 

効果のない読書とは

希望の光と道のりイメージ

 

「効果が感じられない」という人は、「正しい読書」ができていない可能性が高いです。

 

自分が以下の特徴に当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

 

読書の目的が明確でない

 

なんとなく読み進めるだけでは意味がありません。

 

まずは、本を読む「目的・目標」を明確化しましょう。

 

目的がないと、「何となく面白かった!」で終わってしまうことがほとんど。

そのため、「◯◯を学ぶぞ!」という積極的な姿勢が重要です。

 

インプットのみでアウトプットをしない

 

変化を実感するためには、アウトプットを行うことが大切です。

 

小説やエッセイはインプットすることが目的であり、著者の世界観や物語を味わうことが醍醐味です。

 

しかし、ビジネス書や思考法などは、アウトプット、つまり実践することで効果を実感できます。

 

ジャンルによって、本の活用方法は異なります。

 

効果を感じられない人は活用方法を見直す必要があるのかもしれません。

 

集中していない

 

集中して読書を行っていない場合、効果は感じにくいでしょう。

 

内容に注意が向いていない場合、頭に入っていないのに読んだ気になってしまいます。

 

読み終わる頃には、「これ、どんな本だっけ。」という事態にもなりかねません。

 

読書環境や読書時間で、質や効果は変化するのです。

 

記憶を頼りにしすぎている

 

人間は、「忘れる生き物」です。

エビングハウスの実験では、20分後には42%、1時間後には56%忘れてしまうといわれています。

 

参照:忘却曲線(Wikipedia)

 

20分間読書をしたとしても、読み終わった時にはすでに、最初の内容の半分は忘れているのです。

 

そのため、記憶だけに頼らずメモを活用することが、効果を実感する上で重要になります。

 

読書のメリット

笑顔でディスカッションをするビジネスパーソン

 

「読書は効果がない!」と思っている人は、読書による効果やメリットをまだ知らないだけです。

 

ここからは、読書のメリットについて紹介していきます。

 

ポジティブになる

 

いわゆる「すごい人」の考え方や生き方って、何だか魅力的に感じませんか。

 

芯のある人生観や価値観、考え方は、人の心を動かし、ポジティブな気持ちを生み出します。

 

1冊1,000〜2,000円程度で、その考え方やマインドを知り、自分自身に取り入れることが可能です。

 

コスパもよく、とても魅力的ですよね。

 

私自身、本を読んだ後や本の内容を実践しているときは、ポジティブな気持ちでいっぱいになります。

 

これを継続することで、常にポジティブでいられます。

 

論理的思考が身に付く

 

論理的思考とは、複雑な物事を簡単に説明したり、問題を解決するために必要な思考法のことです。

 

ロジカルシンキングとも呼ばれ、近年注目を集めているワードです。

 

本の内容を整理し考えながら読書することは、物事を整理しながら考える力に直結します。

 

そのため、読書の効果として「論理的思考力の向上」も期待できます。

 

知識が広がる

 

読書は「目的」を持つことが大切だと述べました。

 

読書で得られた知識は、当初の目的以外の場面で活躍することも多いです。

 

また、今まで培ってきた知識と読書で得た知識がつながり、理解が深まったり知識が増えたりすることも多くあります。

 

このように、一冊読むことで多くの知識を得られるのも、読書の大きな魅力です。

 

語彙力・文章力が向上する

 

本を読むことで、普段目にすることのない言葉や言い回しに多く触れられます。

 

読書が習慣化してくると、自然に語彙力が上がり、上手な言い回しができるようになります。

 

ジャンルによっても、語彙や言い回しの傾向が異なるため、様々なジャンルに触れることをおすすめします。

 

広い視点で物事を捉えられる

 

多くの人は、普段の生活で、主観で物事を捉えることのほうが多いのではないでしょうか。

 

本は、著者や登場人物の考え方、価値観で溢れており、第三者目線で物事を考えられます。

 

新たな視点や考え方を日常生活に応用することで、物事の見方や捉え方がより豊かになるのです。

 

無駄のない読書とは

本が山積み・積読・読書

 

ここからは、効果を実感できる無駄のない読書法について説明していきます。

 

「普段忙しくて読書なんて無理だ!」という人も実践できる方法なので、ぜひ実践してみてください。

 

読書の目的を明確にもつ

 

本を選ぶ際には、その本を読む「目的・目標」を明確にしましょう。

 

「正しい敬語の使い方と誤った使用方法を学ぶ」「プレゼンでうまく話すための具体的な方法を学ぶ」など。

 

できるだけ具体的な目標を掲げます。

 

そうすることで、読書を終えた後にどれだけ理解したか、これから何を実践すればよいかを整理しやすくなります。

 

読んだらすぐ実践する

 

学んだ内容を、実践しましょう。

 

人間は忘れやすい生き物であり、時間が経つほどモチベーションも下がります。

 

そのため、読み終わった直後に今後の計画をたて、最低でも次の日からは行動に移しましょう。

 

時間を設定する

 

集中して読書するために、1回の時間を設定しましょう。

 

普段忙しい方は、朝の通勤時間や昼休みの10分間など、必ず達成できる時間で大丈夫です。

 

初心者の方は、20分〜30分など比較的短い時間がおすすめです。

 

読み終えた後、「もっと読みたい!」と思う場合は、集中して読めていると考えてよいでしょう。

 

要点を押さえる

 

本の内容全てを覚えることは難しいものです。

 

そのため、要点を押さえて、著者の考えを ” 理解 ” することに重点を置きます。

 

本を読み終わった後に、自分の目的を達成できていればよいのです。

 

メモやノートを活用することで、要点をおさえやすくなります。

 

メモやノートを活用して内容を整理する

 

最近では読書記録としてInstagram・Twitterを始める人も多くいます。

 

大の読書好きであれば、こういった方法がよいでしょう。

 

しかし、初心者や抵抗がある方にとっては、継続が難しいこともあります。

 

そこで、小さなメモ帳やメモ用紙を活用する方法をおすすめします。

 

メモ用紙に印象に残った文章や自分なりの要約、感じたことを書いておきます。

 

私は普段、そのメモ用紙を栞として使用し、要点整理に役立てています。

 

「読書術」を学べるおすすめの一冊

 

「読書の魅力をぜひ体感したい!」という方にぴったりの一冊がこちら。


 

今回、「無駄のない読書法」としても述べた「アウトプット」の重要性や方法について学べます。

 

これから読書を始めたい人、興味はあるけど「読書って意味あるのかな。」と思っている人におすすめです。

 

読書に効果はある!効果的な読書法のまとめ

 

「読書は効果がない」と思われる理由は、「効果の出ない読書法」が原因でした。

 

なんとなく読むのではなく、「効果的な読書法」を実践することでメリットを実感できるでしょう。

 

ぜひ読書の魅力を体感してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

わい

都内在住の文系出身エンジニア。2022年2月より副業ライター・ブロガーとして活動開始。読書やガジェット、カメラやカフェ巡りなど幅広い趣味を持っています。趣味や未経験→エンジニア転職などの経験を活かしたコンテンツが得意です。

-読書

Copyright© AMANAUT , 2022 All Rights Reserved.