本の日(11月1日)とは?本屋でキャンペーンが実施される読書の日

11月1日になると、話題になる「本の日」。

 

書店などでキャンペーンが実施されるケースも多くみられます。

 

イベントのキャンペーンに応募して、図書カードやギフトを受け取った人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、今回は本の日について解説していきます。

 

本の日は11月1日

 

本の日(11月1日)は、「本の日」実行委員会が普及活動をしています。

 

本棚に並ぶ本を見立てて(111)11月1日に指定いたしました。

本の日って何?(本の日)

 

「読書週間(10月27日~11月9日)」と同時期です。

 

確かに、本が並んでるように見えます。

 

毎年11月1日あたりにキャンペーンを実施しているので、「本の日」実行委員会の活動をチェックしてみてください。

 

本屋でイベントが実施され、図書カードやギフトがもらえることもあるようです。

 

本の日についての口コミ

 

本の日についての口コミを調べてみました。

 

https://twitter.com/shamrock1001/status/1455108080035721216

https://twitter.com/utanukitune/status/1455163378872184832

https://twitter.com/naoko2016w/status/1455174878080815106

 

本の日と当社の設立日

 

会社の設立日は、基本的に意図して決めることができます。

 

会社の本店所在地を管轄する法務局に対して、登記申請をした日にちが「設立日」

 

当社は、最初の事業は「古本の販売」と決めておりましたので験担ぎの意味も込めて11月1日にしました。

 

一般的には、縁起のよい大安の日を設立日にしたりするようです。

 

本の日のまとめ

 

本の日と、当社の設立日の関係についてご紹介しました。

 

本の日は、書店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

イベントやキャンペーンが実施されているかもしれません。

 

読書週間・読書の秋でもあるので、これから本を読みはじめたい人にもぴったりです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター / ライター。選書サービス「雨音選書」を運営。選書した本を紹介しています。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊、bizSPA!フレッシュ などで執筆。aumo公式ライター。

-豆知識
-