古本用語を状態別に解説(劣化の予防策+修復方法についても紹介)

2020年6月6日

悩んでいる人

オンラインショップで古本をよく買うんですけど、たまによくわからない表現があって困っています。古本に関する用語について教えてください。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・オンライン書店でよく使われる古本用語について解説
・古本の状態別に、修復方法や劣化しないための予防策をご紹介
・本をよい状態で維持できれば、後で売ったりすることもできます

 

Amazonなどで出店している古本屋で本を買うときに、説明欄でよくわからない表現が記載されていることってありますよね。

今回は、そのようなオンライン書店でよく用いられている古本用語と、本が劣化しないようにするための予防策と修復方法についても併せて解説します。

古本用語を状態別に解説

古本用語を状態別に解説

 

①:ヤケ

 

本は人間と同じように、日焼けをします。

紙が日焼けをすると、劣化していき、黄ばんだような色になります。

 

特に、本の天(上の部分)が日焼けすることが多いです。

中には、本の中まで日焼けしている本もあります。

その多くは長時間に渡って日にあたっており、比較的年代が古い本となります。

 

※昭和初期の本に触れる機会がありましたが、かなり日焼けをしており、劣化していました。

 

もちろん、そこまで古い本だと、劣化の原因は日焼けだけではないと考えられますが、比較的新しい本の劣化の原因は日焼けが多いです。

 

予防策

 

本の日焼けの原因は紫外線と言われており、対策としては、紫外線に当てないように保管するという方法がベストです。

 

たとえば、箱に保管するという方法も一つの手です。

 

修復方法

 

修復方法は、やすりや消しゴムで表面を削ることなどが考えられます。

この場合、人によっては加工とみなすこともあります。

 

②:のど割れ

 

本の開き過ぎが原因で、割れるようにページが開いてしまっている状態です。

 

一見、見た目が綺麗な本でも、のど割れが起きている場合もあります。

特に、ハードカバーの本に多い印象です。

 

予防策

 

のど割れを防ぎたいのであれば、当たり前ではありますが、本をなるべく開き過ぎずに読むということが大切です。

 

修復方法

 

のど割れを修復する方法もありますが、完全な状態に戻すのは非常に難しいと言えるでしょう。

 

のど割れ部分に、ノリを塗って修復することもできなくはないですが、難易度は高いです。

ただ、やらないよりはよい状態になることも多いです。

 

③:ムレ

 

本のページが水分でヨレヨレになっている状態です。

本の濡れ具合にもよりますが、完全な状態に戻すのは難しいでしょう。

 

予防策

 

普段、コーヒーなど飲み物を飲みながら読書をするような方は、特に注意が必要です。

 

紙の本から防水のKindleに移行するのも一つの手です。

 

 

修復方法

 

一度冷凍してから解凍するという方法や、電子レンジやアイロンを使った方法まであるようです。

 

具体的な方法については、ぜひ調べてみてください。

 

まとめ

まとめ

今回は、オンライン書店でよく使用されている古本用語を厳選して紹介しつつ、本を劣化させないための予防策と状態の修復方法について解説しました。

 

本は、よい状態でキープしておけば、後でフリマアプリや古書店で売ることもできます。

特に、専門書は高価買取も期待できますので、大切にしたいです。

 

本の片付け方!収納方法や宅配買取についての解説【本棚・ボックス】

 

今回は以上です。

選書サービス 雨音選書

選書サービスであなたに合った本をご提案【未知の本との出会い】

2021/4/18  

悩んでいるネコ 最近読書にハマっているんだけど、もっと自分に合いそうな本を知りたい!   選書サービス(雨音選書)では、そのようなお悩みを解決します。   雨音選書 ・オンライン古 ...

Popular

-BookCrunch, Others, 豆知識

Copyright© AMANAUT , 2021 All Rights Reserved.