書籍JANコードとISBNの違いについて解説!【役割は同じです】

2020年6月9日

悩んでいる人

本の裏に、バーコードがありますよね。あれは書籍JANコードと呼ぶようなのですが、よくあるISBNと同じなのでしょうか?それとも違いがあるのか、よくわからないのでモヤモヤしています。

 

こんなお悩みに回答します。

 

本記事の内容

・書籍JANコードとISBNの役割は同じ
・バーコード番号か識別番号かの違い
・JANコードがあると何かと便利です

 

今回は、本の裏表紙に印字されている書籍JANコードとISBNの違いについて解説します。

本記事を読むと、書籍JANコードやISBNの役割について理解できます。

書籍JANコードとISBNの違い

 

書籍JANコードとISBNの違いについて簡単に説明すると、書籍JANコードがバーコード番号、ISBNは識別番号という違いになります。

 

どちらも役割としては同じですが、JANコードについては本だけではなく、あらゆる商品に付与されるものです。

一方で、ISBNは書籍のみに割り当てられられる識別番号となっています。

 

それでは、それぞれの上についても簡単に説明します。

 

JANコード

そもそも、JANコードとは何かというと、商品パッケージなどに印字されているバーコードのことで、JANはJapanese Article Numberの略称です。

世界的には、EANコード(European Article Number)と呼ばれています。

このJANコードは、GS1 Japan(流通システム開発センター)という組織に申請をして作成することができます。

JANコードを付与する目的は、お店が売上を管理したり、商品の在庫を管理したりするのに使うことです。

また、自社のオリジナル商品だという印として発行するケースもあります。

 

確かに、JANコードがあるといろいろ便利ですね。オンラインのみで自社の商品を販売する場合にも、JANコードがあった方が何かと便利です。

書籍JANコード

本の裏表紙には、よくバーコードが印字されていますが、あの二段のバーコードは「書籍JANコード」と呼ばれています。

書籍用のJANコードということですね。

昔の本には印字されていない場合も多いですが、現在はほぼすべての新刊に印字されています。

基本的に、本の裏表紙には二段のバーコードが印字されており、以下のような意味を示しています。

  • 上段:978という番号は「本」であることを示しています。
  • 下段:192という番号も、「本」であることを示しています。

下段のバーコードは、192以降の番号についてはC分類などと呼ばれ、本の発行形態やジャンルを把握することができます。

また、本の価格もバーコード末尾付近の番号で示されています。

※ 一番最後の数字は、チェックディジットと呼ばれており、これは価格を示してはいません。

書籍のみに割り当てられるバーコード番号が書籍JANコードですね。

 

ISBN

ISBN(International Standard Book Number)というのは、国際的な規格コードのことを指しており、日本でも使われています。

本の裏表紙のバーコードの右側に「ISBN978-4-…」と印字されていることが大半です。


日本のISBNは978-4から始まっています。

この978という番号は、「書籍」を示しています。

日本は978ですが、979の国もあります。

4という数字は「日本」を指しています。

ここの数字は国や地域によって異なります。

まとめ

まとめ

今回は、本に表示されているバーコードとISBNコードについて、ご説明しました。

普段読んでいる本にも、ほぼ表示されているものですので、よく見てみると面白いです。

最後に本の紹介です。

岐阜県高山市の左官の挾土秀平さんは、壁塗りだけではなく、その技術を活かして芸術的な作品を生み出し画廊やギャラリーを展開している方です。

今回は以上です。

選書サービス 雨音選書

選書サービスであなたに合った本をご提案【未知の本との出会い】

2021/4/18  

悩んでいるネコ 最近読書にハマっているんだけど、もっと自分に合いそうな本を知りたい!   選書サービス(雨音選書)では、そのようなお悩みを解決します。   雨音選書 ・オンライン古 ...

Popular

-BookCrunch, Others, 豆知識

Copyright© AMANAUT , 2021 All Rights Reserved.