歩きながら読書するメリット・デメリットを解説!方法についても紹介

2022年4月13日

歩き読書

読書は語彙力を増やすだけでなく、あらゆる知識を吸収するために必要な行為です。

 

ただ忙しい社会人にとっては、なかなか読者に時間を割けませんよね。

 

しかし方法を工夫するだけで、効率的に読書できるようになります。

 

今回は、歩きながら読書するメリットやデメリット、方法について紹介していきます。

 

BookCrunchは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

歩きながら読書するメリット

ウォーキングする女性(空)

 

散歩などの歩きと読書を同時に進行させることには、大きなメリットがあります。

 

それでは、通常の読書スタイルと違ってどのような効果があるのでしょうか。

 

時間短縮ができる

 

この方法は「運動」と「読書」のマルチタスクです。

 

別々の行動を同時に行うことは、時間短縮につながります

 

歩き読書により、余った時間を別の作業に割り振れるようになるでしょう。

 

インプットしやすい

 

ウォーキングは、有酸素運動に分類されます。

 

有酸素運動は、集中力や記憶力を高める効果が期待できます

 

つまり、歩き読書によって知識をインプットさせるのに適した状態で読書ができるでしょう。

 

習慣化しやすい

 

人は物事を習慣化させるために、3週間くらいの時間が必要だといわれています。

 

つまり一定の期間は続けないと、さぼり癖がついてしまうんですね。

 

歩きながら読書するよいところは、「ウォーキング」と「読書」がセットになっている点です。

 

つまりどちらか片方を行うことで、思考や行動が自然ともう片方に結びついていく「パブロフの犬」に似た構造になります。

 

また、特別な道具を準備する必要もありません。

 

これらの特徴が合わさり、歩き読書によって読書や運動が習慣化しやすくなっていきます。

 

健康につながる

 

運動は健康を維持するための基本です。

 

歩くことで、ストレス解消など様々なリスクの低減が期待できます。

 

また、歩く時は日の光を浴びるようにするとよいでしょう。

 

セトロニンが分泌されるので、幸福感がもたらされる効果も期待できます。

 

歩きながら読書するデメリット

転んで鞄の中身をぶちまける外国人女性39

 

様々なメリットがある歩き読書ですが、その一方でデメリットも存在します。

 

メリット・デメリットを理解してから、実践していきましょう。

 

歩きながら読書するとき、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

 

転倒や衝突の危険がある

 

集中すると、周囲への注意が散漫になってしまいがちです。

 

特に屋外で歩き読書を行っている場合は、周囲の障害物に気づきにくくなります。

 

これにより、転倒や衝突といったトラブルが起こりやすくなるでしょう。

 

歩きながら読書したことが原因で、思わぬ事故につながってしまう危険性もあります。

 

歩きながら読書する場合は、できるだけ人のいない場所を選ぶようにしてください。

 

天候に左右される

 

雨や雪など悪天候の日は、事故や怪我のリスクが高まってしまうでしょう

 

歩き読書は、天候がよい日でなければ実行できません。

 

代替策として、十分なスペースがあれば家の中やスポーツジムといった屋内を選ぶのがおすすめです。

 

適さないジャンルの本がある

 

ストーリー性の高い作品は、歩き読書におすすめできないジャンルです。

 

特に小説は世界観に没頭してしまいがちです。

 

高い集中力が必要なだけでなく、注意力が散漫になってしまいます

 

そのため、転倒や事故のリスクを高めてしまうかもしれません。

 

歩きながら読書するときは、「インプットする」ことを目的としたビジネス書やハウツー本を選んだほうが望ましいでしょう。

 

歩きながら読書する方法

二宮金次郎

 

歩きながら読書するためにはどういった方法で実践すればよいのでしょうか。

 

いくつかコツがあるので、解説していきます。

 

本を選ぶ

 

歩き読書は短時間で効率的に行うのがよいので、じっくりと時間をかけて読み解くような専門書や参考書は適していません。

 

おすすめなのは、自伝やビジネス書といったジャンルの本です。

 

途中から読んでも理解しやすく、読みやすい本をおすすめします。

 

適切な場所を選ぶ

 

読書と並行して運動をするので、スペースの確保は重要です。

 

おすすめなのは、公園や河川敷です。

 

できるだけ障害物や人が少ないことを基準にして、場所を選ぶようにしてください。

 

時間を決める

 

効率よく知識をインプットさせたいのであれば、タイムスケジュールの管理も大切です。

 

例えば通学や通勤の移動時間など、ちょっとした隙間時間に実行すれば効率性がアップします。

 

また、人の少ない傾向にある朝の時間帯もおすすめです。

 

オーディオブックを使用する

 

書籍は両手を使わないと読めませんよね。

 

歩きながら読書する場合、転倒などにつながる危険性があります。

 

そのリスクを減らす対策として、オーディオブックを使用するのもおすすめです。

 

おすすめは、月額1,500円で聴き放題のAudible

 

オーディオブックは朗読音声を聞く方式になっているので、両手が塞がりません。

 

【Amazon】Audibleによる読書がおすすめな理由4選!

続きを見る

まとめ

 

読書から得た知識を効率よく吸収する能力を高めてくれるのが、歩きながら読書する方法のよいところです。

 

しかしその反面、転倒や事故のリスクがあるので注意してください。

 

自分のスタイルに合わせて創意工夫をしながら、効率よく読書を進めていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

amada

幼い頃から読書が好きで、自分でも文章を綴るようになりました。また、趣味として映画鑑賞や写真撮影も行っています。文章を通して、毎日を少しだけ豊かにできるような情報を発信していきたいです。

-読書

Copyright© AMANAUT , 2022 All Rights Reserved.