太宰治のおすすめの短編9選を紹介!太宰治の魅力や教科書に載っている代表作も

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible(オーディブル)がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料体験が可能でいつでも退会できますので、少しでも気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

本を読む女性

misua

株式会社アマノート取締役。ブッククランチでは、本の魅力を広く伝え、人々の日常に彩りを加えることを目指しています。

太宰治の作品は、人間の複雑な内面や社会の矛盾を鋭くえぐり出し、読者に深い印象を残すものが多くあります。

この記事では、日本の文学作家を代表する作家の一人、太宰治のおすすめな短編を紹介します。ぜひ、今回を機に太宰治の世界を楽しんでみてください。

太宰治とは

読書する女性の手元 reading

太宰治は、日本の文学作家を代表する作家の一人で、「人間失格」「走れメロス」など名作を残しました。その作品の数々は今なお多くの人々に読まれ、愛されています。

作家として名声を得たものの、度重なる自殺の試み、薬物依存、複雑な女性関係といったスキャンダルにも見舞われた人生を送りました。これらのトラブルは彼の作品に深く影響を与えており、その暗い側面が作品に色濃く表れています。

作品の魅力

太宰治の作品は、人間の弱さや美しさをリアルに描き出した、彼自身の葛藤や苦悩が反映されたものが多いです。

暗いイメージが多い太宰治の作品ですが、その一方で著者の温かさやユーモアを感じさせる、明るく希望に満ちた作品も手掛けています。特に短編はスラスラと読み進められるものも多いので、ぜひ読んでみてください。

太宰治おすすめの短編を紹介

読書をしながらカメラ目線の女性

太宰治のおすすめの短編を紹介します。

走れメロス

「走れメロス」は、「メロスは激怒した。」という有名な一文で始まる太宰治の作品。

友情を守るために自らの命を賭して挑んだメロスの行動が、人の心を信じられない王に信頼の大切さを教える物語です。国語の授業でも使用されており、太宰治の作品の中でも特に読みやすく、希望に満ち溢れた作品です。

ヴィヨンの妻

「ヴィヨンの妻」は太宰治晩年の作品集。

破綻した性格の詩人やその周囲の人々の生活を、詩人の妻の視点で描いた物語です。哀愁を帯びた作品が多いですが、ところどころで笑える陽気さとユーモアも感じられるため、読み進めやすいのではないでしょうか。

女生徒

「女生徒」は、1938年に太宰治に送られた有明淑の日記をもとに、14歳の女生徒の一日を綴った作品です。

ほぼ全編が女性の一人称で書かれた14篇の短編からなり、太宰治の女性心理の描写の巧みさが際立つ作品です。

太宰治が女性をどうしてこうも上手に描けるのかと感嘆せずにはいられないほど、読者を物語の世界へと引き込みます。

畜犬談

「畜犬談」は犬との攻防を終始描くというユニークな作品。

甲府の仮住まいに暮らす「私」は、犬に対して強い嫌悪感を持ち、いずれ犬に噛まれる運命にあると確信しています。「私」が犬の恐ろしさや不快さを強調する一方で、不潔な野良犬に付きまとわれる様子を描いています。

犬嫌いの心理がユーモアを交えて誇張されているものの、その裏には悲哀が感じられる点がこの作品の魅力です。

グッド・バイ

太宰治の短編集「グッド・バイ」は、16の物語が収録されています。

戦争と戦後をテーマにした作品が多く、太宰治特有のユーモアと悲壮感が共存する作品です。しかし、この作品集は太宰治が亡くなってしまったことにより未完に終わってしまい、どのような結末を描こうとしていたのかは永遠の謎となりました。

太宰治はどういう結末を描きたかったのか気になりますね。

ろまん燈籠

「ろまん燈籠」に収められた短編は、太平洋戦争の真っ只中である昭和15年から19年にかけて書かれました。

戦時下という重苦しい時代背景の中でありながら、この作品集は全体として明るく清々しいムードに満ちています。

特に表題作「ろまん燈籠」は、5人の兄弟姉妹がそれぞれ小説をリレー形式で綴るというユニークな構成で、親しみやすいトーンで語られるため、読者にとって読みやすい作品です。

晩年

「晩年」は、太宰治が遺書のつもりで発表したとされる短編集です。

第一回芥川賞の候補にもなりました。15の短編が収録されています。

タイトルからは重苦しい内容を想像しがちですが、実際にはコミカルな語り口が特徴で、スラスラと読み進められます。

各短編は独自の手法で書かれており、太宰治の創造力の広がりと文学的才能を新鮮な形で感じさせてくれる一冊です。

桜桃

「桜桃」は太宰治の最期の短編小説で、子育ての苦悩を抱える父親の姿を描いています。その色濃い生活感に圧倒されることでしょう。

太宰治の文学的な魅力が色濃く反映されているこの作品は、彼の最後の作品にして、太宰治らしい深い味わいが感じられる一冊です。

新樹の言葉

「新樹の言葉」は、全15編からなる中短編集。

甲府で乳母の子どもたちと再会し、人生の復活を模索する男性の物語を描いた表題作「新樹の言葉」や「葉桜と魔笛」、「花燭」、「火の鳥」、「春の盗賊」など、一つ一つが読み応えのある作品が揃っています。

太宰治の本音や人生観が垣間見える短編集です。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

まとめ:太宰治のおすすめの短編

この記事では、太宰治のおすすめな短編を紹介しました。太宰治の短編を通じて、日本文学の奥深さと美しさを再発見してみてください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おすすめ本, 読書