Kindleと紙の本を使い分ける理由【それぞれのメリットを解説】

2020年12月24日

悩んでいる人

電子書籍のKindle本と紙の本どちらも好きなのですが、どのように使い分けたらいいか悩んでいます。それぞれの媒体のメリットを把握したいです。

 

こんなお悩みに回答します。

 

本記事の内容

・電子書籍のマーケットは今後ますます伸びる可能性が大きい
・電子書籍は大量の本を持ち運べるというのと、新品だと割と安いという点がメリット
・紙の本は、記憶に残りやすいと言われているのと、フリマで売れたりインテリアとしても使える点がメリット

 

Kindleと紙の本を使い分ける理由は、それぞれに効果的な使い方があるからです。

 

近年、電子書籍の市場がますます盛り上がりをみせている中で、紙の本をまったく読まないような人も増えてきています。

 

これからますます電子書籍がメジャーになっていって、紙の本が読まれなくなっていく可能性もあります。

どちらの媒体も好みで使い分けをしている人もいれば、機能性で使い分けをしている人もいます。

 

今回はKindleと紙の本を使い分ける理由について、電子書籍と紙の本のそれぞれのメリットを踏まえつつ解説していきます。

 

電子書籍市場の発展

 

世界の電子書籍市場は2019年に181億3000万ドルと評価され、2025年までに231.2億ドルに達すると予想されています(参照:E- BOOK MARKET - GROWTH, TRENDS, AND FORECASTS (2020 - 2025))。

また、環境保護の観点から、電子書籍の需要を高めるような動きも見られます。

 

電子書籍の発展と紙の本の衰退の割合は、国によって異なってはいますが、アメリカや日本ではここ数年で逆転現象が起きていることがわかります。(参照:E-Books Set to Surpass Print in the U.S.)。

 

電子書籍を使うメリット

電子書籍を使うメリット

 

電子書籍のマーケットの勢いが凄まじいですが、紙の本との使い分けをすることで効率的に読書をすることができると考えています。

 

ここでは電子書籍を使うメリットについて説明します。

 

大量の本を持ち運べる

 

言うまでもなく、電子書籍は端末に何千冊もの本をダウンロードして持ち運ぶことができます。

また、Kindleはオフラインで大量の本を読むことができます。

 

特に、旅行などで長期にわたって家を不在にしている時でも、本を読みたいと思ったら、その場で何冊も読むことができます。

 

Kindleに、何冊でも本をストックしておけますもんね。

 

特に遠方に旅行する場合には、荷物が多くなってしまうので、そのような場合に電子書籍があると楽です。

本を何冊も運ばないといけないという苦労がなくなります。

 

本棚が不要になる

 

家に本棚を設置する必要がなくなります。

本棚はものにもよりますが、かなりのスペースを必要とするため、本棚が不要になるというメリットは大きいです。

 

本棚をインテリアとしてとらえる場合にはよいと思いますが、別に本を家に置く必要はないと考えている方にとっては、スペースを確保するために電子書籍を利用するというのも一つの手だと考えています。

 

少しの本をおしゃれにストックしたい場合には、読書グッズを活用しましょう。

折りたたみできる本棚なんかも販売されているので、以下の記事でチェックしてみてください。

 

読書グッズのまとめ【オンライン古書店の店主が、厳選して紹介】

 

新品であれば紙の本より安い

 

基本的にKindleで書籍を購入するのはコスパがよいです。

電子書籍は、紙の本よりも安くなっているケースが多いからです。

 

古本でも問題ないという場合には紙の本のほうが安くなりますが、新品がよい場合には、電子書籍のほうがコスパという面ではよいかもしれません。

 

ただ、ときどき目当ての本が無料でダウンロードできたりします。

 

それから、紙の本は売れるというメリットがあるので、どちらを取るかという問題があると思います。

 

単語の意味をその場で調べられる

 

紙の本でもスマホやパソコンがあればすぐに単語の意味を調べることができますが、電子書籍の場合は単語をマーキングするだけで意味がわかります。

 

Kindleはとても検索しやすく、使いやすいです。

 

本の中身を検索できる

 

Kindleでは、検索したいワードを入力すれば、その言葉が含まれている本のページをサーチし飛ぶことができます。

 

調べたい言葉や、本の内容を復習する場合に役立ちそうです。

 

ブックマークできる

 

気に入った箇所にメモをしたり、ハイライト機能を使ってマーキングをすることができます。

 

その箇所はいつでも参照することができるので非常に便利です。

 

スマホで読める

 

基本的には、Kindle端末を買って読むことをおすすめしますが、スマホでも読むことができます、ただ画面が小さいので読みづらさはあります。

 

通勤や通学の時に、Kindleが大きくて気に入らない場合には、スマホでKindleのアプリをインストールして読むのもアリだと思います。

 

紙の本を使うメリット

紙の本を使うメリット

 

紙の本を使うメリットもたくさんあります。

紙の本が好きという人も多く、こだわっている人も多いのが特徴です。

特にブックカバーやしおりを選んだり、インテリアとしても本を使うのが紙派の人で、読書体験だけではなく、「本」そのものが好きな人は紙の本が好きだという印象です。

 

上のほうでも紹介しましたが、読書グッズについてまとめて紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

 

>> このページの上のほうに移動

 

所有欲を満たせる

 

紙の本は、買って満足してしまう人が多いように、所有欲を満たすツールとしての存在でもあります。

 

また中古本の場合は何冊も入手しやすいため、所有欲を満たすという意味では電子書籍よりも優れています。

 

本を買って満足してしまうようなタイプの人は、積読をするようなケースが多い印象です。

ただ、積ん読は悪いというわけではなく、むしろ知的刺激を受けるインテリアとしてとらえることもできます。

 

電子書籍になっていない本を読める

 

特にかなり古い本の場合は、電子書籍になっていない場合もあります。

 

紙の本を電子化しようという動きはますます強くなっていくので、ほぼすべての紙の本が電子化される将来がくる可能性もあります。

 

いろいろな団体が、紙の本を電子化しようという取り組みをしていますし、今後デジタル図書館などが発展して、あらゆる本を無料でオンライン上で読むことができるようになってるかもしれません。

 

2021年2月現在では、紙の本でしか読めないものが多くありますので、まだまだ古本に頼らざるを得ない状況です。

 

メモの自由度が高い

 

紙の本であれば、直感的にメモを残すことができます。

直接、本に思ったことを書き込むイメージですね。

 

一方で、電子書籍の場合は単語を入力してテキストとしてメモを残しておくことはできますが、直接書き込んでメモすることはできません。

もちろん今後そのような機能が備わる可能性はあります。

 

より直接的に、直感的に自由に文字を書き残しておきたいという場合には、現状紙の本がおすすめです。

 

記憶に残りやすい

 

以下の研究の結果によると、文章理解のしやすさではタブレット端末よりも紙媒体のほうに優位性があるという結論になりました。

 

電子書籍は読みやすすぎるがゆえに、かえって内容を思い出しづらいというデメリットがあるようです。

 

そのため、紙媒体のほうが文章理解や記憶がしやすいということですね。

ただ、電子書籍は新しい媒体なので、被験者が使い慣れていないという要素は無視できません。

 

今後デジタルネイティブの世代が大人になっていくにあたって、電子書籍がより一般的になり、今のような紙の本の優位性が失われていく可能性も十分に考えられます。

 

36 名の被験者に対して,タブレット端末と紙媒体のそれぞれを用いて,文学的文章と説明的文章からなる 2 タイプの文章を読ませ,主観評価および読み速度,記憶テスト,理解テストの結果を比較した.その結果,第一に,主観的な読みやすさの面では,iPad はすでに紙と同などの性能を実現していることがわかった.iPad を支持する理由としては,文字表示の鮮明さやページめくりのしやすさが上位を占める一方,紙では読書時の疲労が少ないことや集中しやすさが上位となった.第二に,文字情報のみからなるコンテンツの場合,読み速度や逐語的記憶では,説明的文章において表示媒体による有意差が認められた.また,文章理解ではタブレット端末よりも紙媒体に優位性があることが明らかになった.

参照:表示媒体が文章理解と記憶に及ぼす影響―電子書籍端末と紙媒体の比較―

 

フリマで売れる

 

電子書籍は、フリーマーケットで売ることはできませんが、紙の本であれば売買が可能です。

 

読み終わった紙の本は、メルカリなどのアプリで売れますもんね。

 

そういう意味では、読んでから不要になったら売るということもできるので、現金化しやすいという面では紙の本のほうがよいでしょう。

 

装丁がおしゃれ

 

本をインテリアとしてとらえる場合には、紙の本のほうが優位です。

装丁にこだわっている本も多いので、置いておくだけで部屋の雰囲気が変わるような本もあります。

 

特に洋書は雰囲気がおしゃれですので、本を読むという目的ではないのであれば、紙の本にはインテリアとしてのメリットがあります。

 

個人的な使い分け方法

個人的な使い分け方法

 

個人的には古本は紙の本で買い、新品の本は電子書籍で購入することが多いです。

僕はコスパという面で、媒体の使い分けをするタイプです。

 

たとえば、電子書籍を新品で買うと1,500円の本が、古本だと100円の場合、電子書籍ではなく古本を買うといったイメージです。

 

ちなみに、僕が使っているKindleとカバーについても紹介します。

 

本体の仕様は8GB、wifi、ブラックです。

保護カバーは、本革レザーで高級感があります。

経年劣化が好きな方にはおすすめです。



まとめ

 

今回は、Kindleと紙の本を使い分けについて解説しました。

それぞれにメリットがあるので、自分のライフスタイルに合わせて使い分けるようにすると、効率よく読書をすることができます。

 

電子書籍を使うメリット

  • 大量の本を持ち運べる
  • 本棚が不要になる
  • 新品であれば紙の本より安い
  • 単語の意味をその場で調べられる
  • 本の中身を検索できる
  • ブックマークできる
  • スマホで読める

 

紙の本を使うメリット

  • 所有欲を満たせる
  • 電子書籍になっていない本を読める
  • メモの自由度が高い
  • 記憶に残りやすい
  • フリマで売れる
  • 装丁がおしゃれ

 

 

今回は以上です。

選書サービス 雨音選書

選書サービスであなたに合った本をご提案【未知の本との出会い】

2021/4/18  

悩んでいるネコ 最近読書にハマっているんだけど、もっと自分に合いそうな本を知りたい!   選書サービス(雨音選書)では、そのようなお悩みを解決します。   雨音選書 ・オンライン古 ...

Popular

-BookCrunch, 本を読む

Copyright© AMANAUT , 2021 All Rights Reserved.