秋におすすめの小説10選を紹介!読書の秋に読みたくなる小説を厳選

2023年10月21日

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

本を読む女性 Autumn

misua

株式会社アマノート取締役。ブッククランチでは、本の魅力を広く伝え、人々の日常に彩りを加えることを目指しています。

読書の秋、という言葉があるように、秋の落ち着いた気候と美しい風景が集中力を高め、読書を楽しむには絶好の季節です。そこで今回は、秋の気配を感じながら読むとさらに味わい深い、秋におすすめの小説をご紹介します。

繊細な心情や自然の変化を描いた作品を通じて、読書の秋を存分に満喫しましょう。秋の夜長にぴったりの一冊を見つけて、心地よい読書の時間をお楽しみください。

秋の夜長

飲み物を片手に読書する女性

「秋の夜長」とは、文字通り秋の夜の長さを表す言葉です。日本では昔から、春と秋は昼夜が等しく、夏は昼が長く、冬は夜が長いとされています。特に、夏至から秋分にかけては日が短くなり、秋分から冬至にかけては夜が長くなるので、その中間点である秋は「夜長」とされます。

秋の夜長は寒さがまだ厳しくないため、夜空を見上げたり、深夜まで語り合ったり、長時間の読書を楽しむのにぴったりです。

今回はそんな秋におすすめの小説10選を紹介します。

秋におすすめの小説10選

部屋で本を読む人

秋におすすめの小説10選を紹介します。

野菊の墓

詩人としても名高い伊藤左千夫の人気の高い小説です。夏目漱石も「あんな小説ならば何百編よんでもよろしい」と大絶賛したことは広く知られています。

15歳の政夫と17歳の民子は仲の良い、いとこ同士。ある出来事をきっかけに互いに惹かれるようになります。しかし、大人たちの策略により二人は引き裂かれ、民子は亡くなってしまうのです。彼女は死の瞬間、政夫からの手紙を握っていたという事実を知った政夫は、一生を通じて民子を愛し続けることを決心します。

舞踏会

芥川龍之介の短編小説「舞踏会」は、ピエール・ロティの「秋の日本」からインスピレーションを受けた作品です。明治時代の天長節の晩、女性は鹿鳴館で開催された舞踏会でフランス人海軍将校と踊り、2人で美しく儚い花火を眺める淡い恋の物語。32年後にその時のことを思い出す彼女の生涯と青春が花火と重ねて描かれています。

伊豆の踊り子

「伊豆の踊子」は青春短編小説で、ノーベル文学賞受賞者川端康成の代表作です。伊豆旅行中の主人公が旅芸人一座と出会い、踊子に恋心を抱く物語。主人公の孤独な悩みや感傷が、踊子との出会いを通じて自己の解きほぐされていきます。

初秋の伊豆を舞台にしており、その美しい季節描写は初恋の切なさを際立たせます。

三四郎

日本近代文学の代表作で、秋の小説として名高い夏目漱石の「三四郎」は、田舎の九州から都会へと上京した主人公、小川三四郎の人間模様を描いた長編小説です。

大学での学びや、都会での人間交流、そして恋愛の模様を通じて、三四郎のさまざまな経験が生き生きと描かれています。

羊をめぐる冒険

村上春樹の「羊をめぐる冒険」は、1978年の秋、雪の季節が迫る北海道を舞台にした初期の長篇小説で、「鼠三部作」の完結編です。

主人公「僕」が謎の男からの依頼でPR誌に載った一頭の「羊」を追い、北海道の奥地へと旅立つ物語。全てのきっかけは友人「鼠」からの手紙で、美しい耳のガールフレンドとともに彼の行方を追います。そこで「僕」を待っていた驚きの真実とは?

ミステリーの要素がたっぷりです。

デッドエンドの思い出

「デッドエンドの思い出」は、よしもとばななの短篇集で、孤独や哀しみ、そして切なさを感じた時に、心の隙間を埋めてくれる一冊です。

季節を選ばず、それぞれの話は個々のテーマを鮮やかに描き出していますが、特に秋の情景を美しく綴った表題作は、秋の深まりと共にじっくりと味わいたくなる一作です。文庫版の表紙も秋を象徴する素晴らしいイラストで、秋の季節をさらに引き立てています。

夜のピクニック

「夜のピクニック」は、恩田陸による青春小説の名作です。高校生活の最後を告げる伝統行事「歩行祭」を舞台に、親友と共に80キロの道のりを徹夜で歩く主人公、甲田貴子の姿が描かれます。

貴子が胸に秘めた未だ誰にも語れない秘密が、物語の中で織り込まれ、読者の心を掴みます。ミステリー要素を織り交ぜた青春物語は、季節感溢れる描写と共に、秋の読書にぴったりの一冊です。

本屋大賞を受賞し、青春小説の永遠の名作とも称されるこの作品、読者の心に深く響くこと間違いなしです。

秋のホテル

「秋のホテル」はアニータ・ブルックナーによるブッカー賞受賞の中編小説で、知る人ぞ知る名作とも言える一冊です。

秋の季節、スイスのジュネーブ湖畔にあるホテル・デュ・ラックへ足を運ぶ一人の女性作家。彼女はロンドンでロマンチックな恋愛小説を手がけるアラフォーの才女で、あるスキャンダルから身を隠すべくこのホテルに滞在します。ホテルにやってくる謎めいた客たちとの交流を通じて、彼女の過去を振り返る数日間を描いています。

秋の花

「秋の花」は北村薫の描く青春と悲劇のミステリー物語です。

幼なじみの真理子と利恵が遭遇する過酷な運命、その中心には文化祭準備中に起こった一人の女子高生の墜落死がありました。真理子を失い、利恵は心身ともに憔悴。ふたりの先輩である〈私〉はこの事件の核心に迫る挑戦を続けます。〈私〉はどうしたらよいかわからなくなったある日、円紫さんに相談したところ、利恵が消えてしまった...。

ミステリーの興奮と秋らしい季節の描写を同時に楽しむことができる一作です。

秋の日のヴィオロンのため息の

美貌と経済的な豊かさに恵まれている、一児の母「阿里子」の日常を描いた「秋の日のヴィオロンのため息の」。

洗練されている一方でひそかな寂しさを含む都会の秋と女性の人生の秋が重ねられています。森瑤子さんの描く独特な雰囲気をお楽しみください。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

※いつでも退会できます

まとめ

今回は、秋の季節に読みたくなる小説をご紹介しました。それぞれが秋の風情を独特な視点から描き出しています。この秋、あなたの心に残る一冊を見つけ、読書の秋を満喫してみてはいかがでしょうか。

読書は、日々の忙しさから解放され、心が落ち着き、自分だけの時間を持つことができる特別な瞬間。秋の夜長、好きな作品とともに、静かな時間を楽しんでください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

-おすすめ本, 読書