広告

「色の物語 青」美しい装丁で洋書を彷彿とさせる上製本

色の物語 青

misua

株式会社アマノート取締役。ブッククランチでは、本の魅力を広く伝え、人々の日常に彩りを加えることを目指しています。

青は、希望から悲しみまで、多様な感情を象徴する色として万人に愛されている色です。天空や海の広大さを思わせ、自然の美しさを体現する色でもあります。青を見ると心が落ち着き、リラックスすると感じる人も多く、その魅力は計り知れません。

「色の物語 青」は青の歴史や、美術史と青の深い結びつきを探る一冊です。青が使われたさまざまな有名美術作品が紹介されているので、青が好きという方は作品を眺めているだけでも幸せな気持ちになるのではないでしょうか。

美術愛好家はもちろん、色の持つ力に興味を持つすべての人にとって、新しい発見と感動をもたらす一冊でしょう。

公式サイトでチェックする

本記事は翔泳社様より商品をご提供いただき作成しています。

青に彩られた美術作品を堪能

著者は、フランス人美術史研究家のヘイリー・エドワーズ=デュジャルダン氏。葛飾北斎、ゴッホ、ピカソ、モネなど、歴史上の偉大な芸術家たちがどのように青色を用いたかを、豊富な美術作品とともに紹介しています。

青は、古代よりさまざまな意味を持ち、人々の生活に影響を与えてきました。鉱石であるラピスラズリや、植物由来のインディゴやパステルなど、自然界には多彩な青色の源があります。

これらの青色色素の歴史と起源は、世界地図を用いて包括的に見ることができ、天然や合成色素から絵の具としてどのように発展して使える色になってきたのかが、図解を通じてわかりやすく説明されています。

また、この本は豊富な美術作品をオールカラーで掲載しており、その美しさには圧倒されること間違いなし。ページをめくるごとに、美術館にいるかのような臨場感を味わうことができます。美しい青の世界に思う存分浸ることができるでしょう。

プレゼントにもぴったりな美しい造本


「色の物語 青」は、視覚的にも楽しめる魅力的な書籍。その美しい青色の表紙が印象的です。洋書のような上品な造本が特徴で、プレゼントとしてもぴったりな一冊。美術愛好家や青が好きな人が喜ぶ贈り物となることでしょう。

また、電子書籍の形式でも提供されており、さまざまな読書環境に対応しています。好みや利便性に応じて選べるのが魅力ですね。

美しい青色をテーマにした内容とともに、その外観もまた、読者の心を引きつける一冊となっています。

こんな人におすすめ

難しそうな本を読む女性

こんな人におすすめ

  • 青が好きな人
  • 美術作品が好きな人
  • 青の歴史が知りたい人

洋書のような美しい書籍のため、インテリアとしてディスプレイするのもおすすめですよ。気になる方は翔泳社公式サイトもしくは各種ECサイトからチェックしてみてください。

公式サイトでチェックする

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おすすめ本, 読書
-