おすすめの哲学本10選!名著や初心者にもおすすめの面白い本も紹介

2024年5月29日

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible(オーディブル)がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料体験が可能でいつでも退会できますので、少しでも気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

右手で本を持ち頬杖をする女性

misua

株式会社アマノート取締役。ブッククランチでは、本の魅力を広く伝え、人々の日常に彩りを加えることを目指しています。

新しい視点や考えを与えてくれる哲学本。哲学と聞くとなんだか難しそうだと感じる方は多いのではないでしょうか。哲学本の中には、初心者向けのものやイラストや漫画で説明されているものなど、親しみやすくわかりやすい哲学本も多くあります。

この記事では、おすすめの哲学本を紹介します。何かに悩んだり迷ったりしたとき、哲学はその助けとなるでしょう。

哲学本とは

哲学本は、人生や世界の根本原理について深く考察された書籍です。経験から得られた人生観や世界観が書かれています。生き方に迷いや疑問を感じたときや、生きるとは何か、のような難解なテーマについての理解を深めたいときに、哲学書は考える上での助けとなるかもしれません。

初めて哲学本を読んだときは難しく思えるかもしれませんが、生、死、愛、社会など、日常生活でよく直面する課題を取り扱っていることが多いです。初めて読む人でも楽しめる内容が多いので、興味を持っている方はこの機会にぜひ一度読んでみることをおすすめします。

哲学本のおすすめの選び方

階段に座って読書する女性

哲学本のおすすめの選び方を紹介します。

書籍や筆者の「知名度」で選ぶ

有名な書籍や筆者をまずは手に取ってみることをおすすめします。売上冊数が多い書籍は、多くの人の心掴んだ書籍ともいえますよね。販売ページや書店のレビューを基準にして選んでみると良いでしょう。

また、哲学について既に基礎知識を持っていて、さらに知識を深めたい人は、新刊もおすすめ。最新の研究成果や現代的な問題に対する新しい視点、そして現代の著者による新鮮な解釈を得られるからです。特に哲学の分野の新刊は時代の変化や社会の進化に伴う新たな問題提起や議論を反映しており、現在の状況に即した考察に触れられます。自分の考えや理解を広げる機会にもなるでしょう。

イラスト入りや漫画など読みやすいものを選ぶ

初心者にとって哲学の概念は難しく感じられることがあります。読書をあまりしない人や哲学本を読んだことがない人はイラストや図解が使われている書籍を選ぶことがおすすめです。文章だけでは伝わりにくい概念を視覚的に補い内容を理解しやすくなります。

また、漫画形式になっている書籍もおすすめ。文章を読むのが苦手な人や忙しくて長時間読めない人でも気軽に読めるでしょう。人気漫画家による作品もあるため、興味があれば探してみてください。

自分の知識や経験にあわせて選ぶ

自分の知識や経験にあわせて選ぶのもおすすめです。

哲学についてほとんど知らない方が哲学本に挑戦する場合は、哲学がどういうものかを解説している本を選ぶと良いでしょう。まずは哲学についての知識を深めることで、より哲学への興味が湧き、哲学本をより楽しめるようになるでしょう。哲学入門からスタートして徐々に哲学の世界に深く入っていくことをおすすめします。

普段から哲学本に慣れ親しんでいる方には、より高度な古典がおすすめ。古典では、人間の生活や思考に関連する歴史的な問題が掘り下げられています。これらを読むことで、自己の思考をより深く理解するきっかけになるでしょう。

自分の年齢にあわせて選ぶ

小中学生など哲学に初めて触れる子どもたちには、年齢に合った本を選ぶことが大切です。特に、日常の悩みに哲学的にアプローチするようなものがおすすめ。書籍は理解しやすく、自身の問題解決に役立てられるため、読んでいる途中に挫折することが少なくなります。哲学は人生のヒントを提供してくれるので、若いうちから親しむことで、将来的な困難に対処する力を育めるでしょう。

大学生や社会人には、内面を探求し成長させ、人生や職業への取り組み方を考えさせてくれる哲学本がおすすめです。自分の進むべき道を見つける手助けになります。ビジネス、心理学、精神の哲学に関連する書籍がおすすめです。

哲学本には年齢に応じた適切なものがあります。最近では子ども向けの哲学書も増えているので、ぜひ探してみてください。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

おすすめの哲学本を紹介

室内で本を読む女性

おすすめの哲学本を紹介します。

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

哲学は難しいし、何に役立つのかわからないという人は多いかもしれません。この書籍では50の項目を通じて、哲学がいかに日常生活に役立ち、時には武器となるかを示しています。ビジネスでも応用できる哲学の基礎理念を集約し、広く知られている哲学者の名言を新たな視点で解釈し紹介しており、新たな発見ができる一冊。実例を交えたわかりやすい解説なので、哲学初心者にもおすすめです。

14歳からの哲学 考えるための教科書

思うことと考えることの違い、自分とは何か、生、死、心など、根本的なテーマについて書かれています。読みやすい表現で書かれているため、理解しやすく、哲学に詳しくない人でも楽しめる内容です。

ディスカヴァー・トゥエンティワン 働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

働く意味を見つめ直し、キャリアについて多面的に考える機会を与えてくれます。図解を取り入れたわかりやすい説明が特徴です。自分を見つめ直したり、職業に関する考えを人に伝えたりする際に読みたい一冊です。

史上最強の哲学入門

真理、国家、神、存在といったテーマを通じて、古代から現代に至るまでの哲学の流れをわかりやすく解説しています。哲学を堅苦しく感じがちな方も、豊富な例えを通じて楽しく学べる内容です。哲学と歴史が巧みに結びつけられており、社会や思想の背景についての理解を深められる一冊でしょう。

仕事に悩む君へ はたらく哲学

さまざまな哲学者の言葉を通して、働くことの意味とその悩みを解き明かしていきます。難しい内容を会話形式で展開しており、わかりやすい構成になっています。全ての働く人に読んで欲しい一冊です。

バカロレアの哲学 「思考の型」で自ら考え、書く

フランスの大学入学資格であるバカロレア哲学試験における、哲学小論文試験を説明する一冊です。他人の意見をそのまま受け入れるのではなく、自分自身で思考し、検討するスキルを身につけられます。実践的なアプローチがしたい人にとって、理想的な哲学本といえるでしょう。

ビジネスエリートのための!リベラルアーツ 哲学

哲学の基礎から最新のトピックまでを易しい言葉で紹介する一冊。初心者にもおすすめな書籍です。哲学を学ぶことで思考力を養い、不確実な世界を生き抜くための力を身につけることが可能になります。哲学に初めて触れる人にも理解しやすく、後半部ではさらなる学習へと進むための方法も提案されています。哲学への興味を広げる出発点としてぴったりな書籍です。

哲学入門

唯物論の視点を基に、存在しそうで存在しなさそうな概念や意味、機能、表象、目的に焦点を当て、デネットやミリカン、ドレツキ、ペレブームらの研究成果を紹介して論じています。親しみやすい語り口で書かれており、読み手にとって理解しやすい構成です。内容は少し難しいかもしれませんが、新しい視点で物事を見るための力を養えるでしょう。

哲学と宗教全史

古代から現代までの哲学と宗教の流れを理解できる一冊。哲学と宗教の歴史がその時代の背景とともに語られています。ボリューム満点の内容なので多くの学びを得られる面白い哲学本です。

哲学的な何か、あと科学とか

日常ではなかなか接する機会のない哲学を、科学の観点から解き明かす入門書です。複雑な概念も平易な言葉遣いと明快な説明で紐解かれており、哲学や科学を難しく感じている人でも理解しやすいでしょう。新しい視点で物事を見るきっかけを与えてくれる一冊です。

まとめ:哲学本のおすすめ

この記事ではおすすめの哲学本を紹介しました。初心者や子ども、中学生でも楽しく読めるものも多くあります。ぜひこの機会に哲学本を読んてみてください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おすすめ本, 読書