古書店を舞台にした小説7選【古本や古書店好きにオススメの本】

2021年1月10日

気になっている人

街の古書店に行くのが好きなんですけど、そういう古書店を舞台にした小説ってありますか?あればオススメを教えてください。

 

こんな疑問に回答します。

 

本記事の内容

・神保町や神楽坂が舞台の小説
・映画化された小説
・せどりや古書ファンタジー小説

 

古書店を舞台にした小説は意外とたくさんあり、名著もありますし、最近出版されたような比較的新しい本もあります。

 

その中でもおすすめの7冊を紹介します。

 

古本が好きな方や、街の古書店に行くのが好きな方に共感していただけると嬉しいです。

 

古書店を舞台にした小説7選

 

東京・神保町が舞台の小説

 


大学を卒業して入社した会社がすぐに倒産し、無職となってしまった名取司が、どこからともなく漂う珈琲の香りに誘われ、古書店『止まり木』に迷い込む。そこには、自らを魔法使いだと名乗る店主・亜門がいた。この魔法使いによると、『止まり木』は、本や人との「縁」を失くした者の前にだけ現れる不思議な古書店らしい。ひょんなことからこの古書店で働くことになった司だが、ある日、亜門の本当の正体を知ることになる。切なくも、ちょっぴり愉快な、本と人で紡がれた心がホッとする物語。

 


終戦から一年が経ち復興を遂げつつある古書の街・神田神保町の一隅で、ある日ひとりの古書店主が人知れずこの世を去る。古書の山に圧し潰され皮肉な最期を迎えた商売敵を悼み、同じく古書店主である琴岡庄治は事後処理を引き受けるが、事故現場からは不可解な点が。次第に彼の周囲でも奇怪な事件が起こり始める――。古書店主の死をめぐる探偵行が歴史の闇に隠された陰謀を炙りだす、直木賞受賞作家の真骨頂と言うべき長編ミステリ。

 

映画化もされた小説

 


鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

 

「せどり」が出てくる小説

 


古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。

 


“せどり”(背取、競取)とは、古書業界の用語で、掘り出し物を探しては、安く買ったその本を他の古書店に高く転売することを業とする人を言う。せどり男爵こと笠井菊哉氏が出会う事件の数々。古書の世界に魅入られた人間たちを描く傑作ミステリー。

 

古書ファンタジー小説

 


高校に通わなくなって数ヵ月。16歳の少女は、大学教授である父が研究休暇で、イギリス行きを決めたため、古本屋「緑金書房」に居候をすることに。だが、その古書店こそは表と裏の世界をつなぐ「奇蹟の古本屋」だった――。そして緑金書房にまつわる「8つの謎」を知った少女を襲う不思議な事件の数々。「建築探偵」シリーズの著者による、本を愛する人に贈る古書ファンタジー。

 

東京・神楽坂が舞台の小説

 


「読書はどんなに孤独な行為に見えたとしても、人や世界とつながることです」神楽坂に盲導犬と住むよう子は、出版社の担当・希子と隔週の木曜日に、打ち合わせを兼ねたランチをするのが楽しみだ。一方、神楽坂で“古書Slope”を切り盛りするバツイチの本間は、五歳になる息子のふうちゃんと、週に一度会えるのが木曜日だ。書物への深い愛、物語への強い信頼、それを分かち合える大切な人。本に込められた“想い”を伝えていく―。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回は古本好きや古書店好きの人に読んでいただきたい小説を紹介しました。

 

古書店を舞台にした小説は、ミステリが多い印象ですね。

密室が舞台になっているからでしょうか。

古本好きでミステリ好きな人にとっては、選択肢になると思います。

 

今回は以上です。

 

選書サービス 雨音選書

選書サービスであなたに合った本をご提案【未知の本との出会い】

2021/4/18  

悩んでいるネコ 最近読書にハマっているんだけど、もっと自分に合いそうな本を知りたい!   選書サービス(雨音選書)では、そのようなお悩みを解決します。   雨音選書 ・オンライン古 ...

Popular

-BookCrunch, 本を読む

Copyright© AMANAUT , 2021 All Rights Reserved.