連作短編集のおすすめを10選を紹介!SFやミステリー、心温まる物語まで

  • URLをコピーしました!

連作短編集は、それぞれが独立した物語でありながら、全体として一つの物語のように感じられるのが特徴の作品です。手軽に読める短編の良さと、長編のような物語の広がりを両方楽しめるのが魅力。

この記事では、そんな連作短編の中でも特におすすめの作品を紹介します。ぜひ、気になる作品を見つけてみてください。

目次

連作短編集とは

部屋で読書している女性

連作短編集とは、共通の登場人物、舞台、またはテーマを持つ複数の短編が一つの大きな物語の一部として結びついた作品群を指します。

各短編は単独でも楽しめる独立した物語でありながら、全体として一つの作品のように感じられる点が特徴です。

キャラクターや世界観を変えずに展開される連続した話は、各キャラクター視点からの物語を楽しめます。長編小説よりも手軽に読め、忙しい合間に少しずつ読むのにもぴったりです。

連作短編集のおすすめを紹介

図書館でのひととき

連作短編集のおすすめを紹介します。

阪急電車

「阪急電車」は有川浩さんによる連作短編集。

阪急・今津線を舞台に、偶然電車で乗り合わせた人々の日常と悩み、そしてその悩みを乗り越え前向きに歩んでいく姿を描いた物語です。心温まる物語で、小説初心者にもおすすめの一冊です。

ツナグ

「ツナグ」は辻村深月さんによる連作短編集。

生きている人間の依頼を受け生者と死者を結ぶ能力を持つ使者である「ツナグ」。4つの異なるストーリーが、生涯に一度だけ許される死者との再会を願う人々の切ない願いを描き出し、それらを繋ぐ「ツナグ」の視点と依頼者の視点を描いた物語。

2012年には映画化、2019年に待望の続編が発表されました。

アイネクライネナハトムジーク

伊坂幸太郎さんの連作短編集。恋愛テーマの6編の連作短編集です。

奥さんに愛想を尽かされたサラリーマンや声しか知らない相手に恋をした美容師、元いじめっ子と再会したOLなどが主人公で、不器用ながらも情けなく愛おしい駆け引きが繰り広げられます。

映画化やマンガ化もされた人気作です。

女のいない男たち

村上春樹さんの短編集で、女性に去られた男性たちの物語が6編にわたって描かれています。

この短編集に収録された『ドライブ・マイ・カー』は、2022年にアカデミー賞の国際長編映画賞を受賞するなど、映画化もされた話題の作品です。

読むほどに村上春樹独自の世界観に引き込まれる、読み応えのある作品集です。

終末のフール

伊坂幸太郎さんによる連作短編集。

8年後に小惑星の衝突により地球が滅亡するという衝撃的な予告を受け、残された3年間で人生を見つめ直す仙台北部の新興団地の住民たちの物語を8編に渡って描いています。

終末を迎えようとする人々が何を幸福と感じるのか、そして「生きること」の意味を改めて考えさせる内容です。

四畳半神話体系

森見登美彦さんによる連作短編集。アニメ化もされ人気が高い作品です。

4つの異なる世界を舞台にしたパラレルワールドものの青春物語。京都大学の3回生である主人公が、現実とはかけ離れたキャンパスライフに幻滅し、理想の大学生活を夢見る姿が描かれています。森見登美彦さん独特の言い回しや魅力的なキャラクターで読者を引き込みます。

青春小説を楽しみたい方や、日常の小さな幸せを再発見したい方におすすめの一冊です。

眠れない夜は体を脱いで

彩瀬まるさんによる5話からなる連作短編集です。

年齢や性別を問わないさまざまな主人公たちが、自らの抱えるコンプレックスや生きづらさと向き合う姿を描いています。

自己受容や自己肯定に苦しむ人々に特におすすめの作品です。

鍵のない夢を見る

「鍵のない夢を見る」は辻村深月さんの連作短編集で直木賞受賞作。ドラマ化もされた作品です。

5人の女性の生活を通じて、小さな町の日常に潜む闇を描き出しています。

日常の隙間から覗く闇をリアルに捉え、読者の心を揺さぶる作品であり、人間の内面を巧みに描いたサスペンスが読みたい方に特におすすめです。

望郷

湊かなえさんによる連作短編集。

彼女の故郷である瀬戸内海の因島をモデルとした架空の「白綱島」を舞台にした6つの物語が展開されます。短編集の中でも『海の星』は日本推理作家協会賞を受賞し、ドラマ化もされるなど、特に注目を集めた作品です。

読者が気づかないように仕掛けられた伏線が最終的に見事に回収され、読後感に大きな満足を得られるでしょう。

きみの友だち

「きみは友だち」は重松清さんによる10本の短編からなる連作短編集。

小中高生の日常に潜む「あるある」な感情や出来事を繊細に描いています。主人公を取り巻く人々の視点から語られ、思春期特有の複雑な感情や人間関係のもつれがリアルに表現されています。

どの世代の読者にも共感を呼ぶ内容で思春期のもやもやとした感情を感じながらも、ほっこりとした気持ちになれる一冊です。

まとめ:連作短編集のおすすめ

連作短編集のおすすめを紹介しました。今回紹介したおすすめの作品を通じて、さまざまなキャラクターや世界観を堪能し、日々の生活に彩りを加えてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社アマノート取締役。ブッククランチでは、本の魅力を広く伝え、人々の日常に彩りを加えることを目指しています。

目次