心が疲れた時に読む小説10選!元気が出るおすすめの作品を厳選して紹介

2023年3月14日

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

座って本を読む女性1

Joie

明治大学卒の元ヴィジュアル系バンドマンという異色の経歴ながらコーヒーの魅力に目覚め、現在はコーヒーの勉強中。外国語が趣味で洋書を嗜みます。毎日少しずつの読書を心がけています。

皆さんは元気がないとき、どのようにして元気を出しますか?

読書をすることで、感動したり勇気をもらったりして活力が出てくることがあります。

特に小説は多くの感動を与えてくれますよね。

今回は元気がないときに読みたい小説10選を紹介します。

素敵な作品ばかりなので、気になる作品はお手に取ってみてください。

元気が出る小説10選

座って本を読む女性2

元気が出る小説を厳選して紹介します。

イン・ザ・プール

「イン・ザ・プール」は、2006年に刊行された奥田英朗の小説です。

第四回大藪春彦賞受賞作品。

精神科医の伊良部一郎のもとに来る患者たちは、伊良部氏の姿に驚愕。

精神科医でありながらケータイ中毒や水泳中毒などに陥っている伊良部氏を見て、患者たちは自らの悩みを馬鹿らしく感じていきます。

精神病や中毒を面白おかしく描いた作品です。

悩める人が読むと、気分が晴れて元気が出るでしょう。

下町ロケット

「下町ロケット」は、2013年に池井戸潤が書いた作品です。

ドラマ化され話題を呼び、直木賞を受賞するなど大ヒットを記録しました。

町工場を継ぐことになった佃航平がライバル企業であるメーカーから特許侵害で訴えられてしまいます。

金銭面で経営が苦しくなっているさなか、国産ロケットを開発する帝国重工が佃の関連事業に参戦してきました。

佃はよい機会だと考え、事業に夢を乗せて邁進していきます。

名作家である池井戸潤の代表作といえる作品です。

これから夢に向かって頑張りたい人が元気を出すきっかけになるでしょう。

陸王

「陸王」は、2019年に集英社文庫より刊行された池井戸潤の小説です。

「下町ロケット」と同じくドラマ化され話題となった作品。

埼玉県行田市で老舗足袋屋を「こはぜ屋」を営んでいた四代目社長宮沢紘一は、会社資金繰りのため新事業に手を伸ばします。

それはランニングシューズ事業への参戦でした。

苦しい競合や素材探しに奔走しながら、従業員20名という小さな企業が立ち向かいます。

苦しいときでもコツコツ積み重ねることで大きなことを成し遂げる可能性を教えてくれる作品です。

勉強や仕事で元気がないときに読むと、継続する勇気をもらえます。

カラスの親指

「カラスの親指」は、ミステリー作家道尾秀介が書いた小説です。

第62回日本推理作家協会賞受賞作品であり、直木賞にもノミネートされた彼の代表作。

詐欺で生計を立てている2人の中年男性のもとに、ある日1人の少女がやってきました。

気づけば同居人が5人になり、各々が抱える運命にそれぞれ立ち向かっていきます。

5人で企てた大計画によって引き起こされる大逆転劇を描いている作品です。

人生をあきらめたり何もできず落ち込んでいる人は、この作品を読んで挑戦するパワーをもらってください。

ホテルジューシー

「ホテル・ジューシー」は、坂木司の著作である青春ミステリー小説です。

大家族の長女として生まれた女の子ヒロちゃんは、那覇にあるゲストハウスでアルバイトをしますが勝手に戸惑います。

二重人格のオーナーと沖縄的テーゲーの双子の老人ハウスキーパーという個性豊かな人に囲まれるバイト生活。

変わったお客様からも刺激を受けながらバイト生活を奮闘していくヒロちゃんの姿に、感動しながら元気をもらえるミステリー小説です。

虹の岬の喫茶店

「虹の岬の喫茶店」は、2013年に森沢明夫が書いた小説です。

小さな岬にある喫茶店では、お客様の人生に合わせた選曲をしてくれます。

癒しを求めてコーヒーを飲みに来るさまざまなお客様は、店主やお店に触れることで傷が癒え人生が大きく変化。

店主の優しい言葉に救われていく様子は涙なしには読めないでしょう。

心の傷をいやしたい人は元気がもらえるので是非1度読んでみてください。

さいはての彼女

「さいはての彼女」は、山本周五郎賞作家原田マハの小説です。

25歳で起業した女社長の鈴木京香は、会社の経営は順調そのものでありながら恋愛や結婚には縁ありません。

信頼していた秘書の高見沢すら失ってしまい、失意の中1人旅に出ます。

しかし沖縄に行くつもりが手違いで北海道女満別に辿り着いてしまいました。

そこでの思わぬ出会いが彼女の人生を一変させます。

再生がテーマの小説なので、何かをやり直したい人にはぴったりの元気が出る小説です。

フライ,ダディ,フライ

「フライ,ダディ,フライ」は、直木賞作家金城一紀が書いた小説です。

全く平凡なサラリーマンの鈴木一は、家族を守るために日々頑張っていました。

ところがある日、一人娘が不良高校生に傷つけられ復讐のためにとある場所へ向かいます。

そこで出会ったのがザ・ゾンビーズでした。

壊れた世界で大切なものを探しに鈴木は冒険していきます。

誰かのために行動する大切さが学べるので、気になる人は読んでみてはいかがでしょうか?

御不浄バトル

「御不浄バトル」は、2010年に刊行された羽田圭介が書いた小説です。

高額商材を売る悪徳企業に就職した「僕」は、過酷な労働環境の中で淡々と仕事をしていました。

駅のトイレでくつろぐことが楽しみな僕が、会社の同僚と個室の争奪戦を繰り広げます。

一本の電話で僕は退職を決意しますが、運命はどうなっていくのでしょうか。

青年たちがブラック企業で奮闘する泥臭い物語。

仕事が辛い人におすすめの一冊です。

スティルライフ

「スティルライフ」は、芥川賞受賞を受賞した滝沢夏樹の小説です。

ドラマ化され、描写が美しく現代小説を象徴する作品。

主人公の僕が染色工場で出会う佐々井という人物にある話を持ちかけられ展開していきます。

星の話や遺伝子といった理科の話題と、独特な感性で語られる文学が融合した作品です。

物事を俯瞰でとらえる感覚が味わえるので、荒んだ心を研ぎ澄ませたい人におすすめします。

心が元気になる小説を読もう

いかがでしたか?

元気がないときに小説を読むことで、心が洗われ生きる元気が湧いてきます。

紹介した作品は名作ぞろいなので、どれを選んでも元気が出るでしょう。

落ち込んでいるときは小説を読んで、元気を出すきっかけにしてください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Joie

明治大学卒の元ヴィジュアル系バンドマンという異色の経歴ながらコーヒーの魅力に目覚め、現在はコーヒーの勉強中。外国語が趣味で洋書を嗜みます。毎日少しずつの読書を心がけています。

-おすすめ本, 読書