青山美智子のおすすめ作品10選!本屋大賞を受賞した作品やドラマ化された作品まで

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

ソファでおしゃれな洋書を読書する女性

misua

株式会社アマノート取締役。ブッククランチでは、本の魅力を広く伝え、人々の日常に彩りを加えることを目指しています。

青山美智子さんの作品は、日常に疲れた心を優しく癒やしてくれるような、あたたかい物語が特徴です。

本記事では青山美智子さんの世界観と温かいメッセージが詰まったおすすめ作品をご紹介。ぜひ、青山美智子さんの世界観を味わってみてください。

青山美智子の作品の魅力・特徴

本を読む女性3

青山美智子さんは、2017年に「木曜日にはココアを」で小説家デビュー。この作品で第1回「未来屋小説大賞」に入賞しました。さらに、2021年「お探し物は図書室まで」と2022年「赤と青とエスキース」で2年連続で本屋大賞第2位に輝き、史上初の快挙を成し遂げました。

青山美智子さんの作品は連作短編集が中心で、日常を生きる人々の細やかな心情や悩みを繊細に描き出しています。読者に寄り添うような優しさと、心温まるような物語が魅力。青山美智子さんの作品は、日常の中の小さな幸せや人生の豊かさを見つめ直すきっかけを与えてくれます。

青山美智子のおすすめ小説を紹介

外で読書をする女性 ベンチに座って本を読む人

青山美智子さんのおすすめ作品を厳選して紹介します。

木曜日にはココアを

マーブル・カフェが舞台の心温まる連作短編集です。東京からシドニーまで、グローバルに話が展開されます。

さまざまな悩みを抱えた人々が糸口を見つけ、前に進む姿が描かれます。短めの話なので読みやすく、人とのつながりの大切さを再認識させてくれるでしょう。

日常に寄り添いながら、どこかほっこりと心が温まる作品集です。

月曜日の抹茶カフェ

「月曜日の抹茶カフェ」は、「木曜日にはココアを」の続編として刊行された、12の短編を収録した連作短編集です。

喫茶店「マーブル・カフェ」が通常の定休日である月曜日に、特別に1度だけ「抹茶カフェ」を開催し、そこから紡がれる人々の物語が描かれます。各12の短編は暦にちなんだテーマを持っており、四季折々の魅力を感じられます。

ほっこりと心温まる作品で、読者に日々の生活の中でのつながりの大切さを改めて実感させる一冊です。

いつもの木曜日

「いつもの木曜日」は、人気作「木曜日にはココアを」へとつながる前日譚を描いた作品。

ワタル、朝美、えな、泰子、理沙、美佐子、優、ラルフ、シンディ、アツコ、メアリー、マコの12人をそれぞれ主人公にした短編が収録されています。

絵本のような優しい物語は、前向きな気持ちになれる言葉がちりばめられており、心を温かくしてくれます。

赤と青とエスキース

「赤と青とエスキース」は、一枚の絵「エスキース」を中心に展開される連作短編集です。

2022年の本屋大賞で第2位を獲得しました。物語の中で赤と青の色彩が織り交ぜられ、登場人物たちの間に生まれる絆や心の動きが描かれています。優しさと希望が満ちており、読後には心が温かくなるような感覚になるでしょう。

美しい物語とともに人と人とのつながりの深さを感じさせる一冊です。

お探し物は図書室まで

「お探し物は図書室まで」は連作短編集で、2021年の本屋大賞で2位に輝きました。また、累計発行部数12万部を突破し、2022年にはNHKでラジオドラマ化もされた人気作です。

物語の舞台は図書室。仕事や人生で行き詰まりを感じている人々に司書さんがそっと本をおすすめする、優しく心に寄り添う5つの心温まる短編が収録されています。

猫のお告げは樹の下で

「猫のお告げは樹の下で」は青山美智子さんのデビュー第2作目。

7編の優しい物語が収録された連作短編集です。日常に行き詰まりを感じている人々が、彼らにだけ見える不思議なネコのお告げに導かれ、人生の新たな一歩を踏み出していく物語。

読者に希望と勇気を与える、心温まる作品です。

鎌倉うずまき案内所

現状に悩む6人が偶然立ち寄った不思議な案内所を舞台にした連作短編集です。

6年ごとに時代を遡りながら、それぞれの物語が紡がれ、登場人物たちは「気づき」を通じて優しさと強さを身につけ、人生を前向きに進んでいきます。

優しさに満ちた物語で読後は心が軽やかになるでしょう。

ただいま神様当番

「ただいま神様当番」は、毎朝同じバスを利用する人々が、とあるバス停で「神様のリクエストに応える」当番になるというファンタジー要素のある5編からなる連作短編集。

仕事や人間関係などで疲れたときに読むと、ほっこりとした気持ちになれる話ばかり。心温まる読後感を提供してくれる作品です。

マイ・プレゼント

「マイ・プレゼント」は、水彩作家U-kuさんとの再タッグによる作品で、「青」をテーマにした水彩画と美しい言葉が織り成す心震わす作品集です。

水彩画の繊細なタッチと言葉の選び方が見事にマッチしており、青の多様な表情を通じて優しさと遊び心を感じさせます。読者を優しく包み込む癒しのひとときを提供する作品です。

月の立つ林で

「月の立つ林で」は、月について話すポッドキャストを日常の楽しみとする5人の物語を収録した短編集です。

読む人の心を深く動かす、優しい言葉でほっこりする作品です。新たな一歩を踏み出したいとき、この作品集を読むことで勇気づけられ、前向きな気持ちになれるでしょう。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

※いつでも退会できます

まとめ:青山美智子のおすすめ作品

青山美智子さんのおすすめ作品を紹介しました。心温まる作品ばかりなので、心が疲れたとき、癒されたいときにぜひ読んでみてください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

-おすすめ本, 読書