プログラミングに本はいらないって本当?本を活用するメリットを解説

2022年4月21日

ノートパソコンを使う女性

近年、ITエンジニアの需要や安定思考が高まっていることから、プログラミング学習を始める方が増加しています。

 

プログラミング学習では、よく「プログラミング学習に本はいらない」といわれることがあります。

 

しかし、本当にそうでしょうか。

 

今回は、本がいらないといわれる理由と本を活用するメリット、初心者におすすめの3冊について現役のエンジニアが解説していきます。

 

プログラミングに本はいらないといわれる理由

家でパソコンを使う女性(困る)

 

先述のとおり「プログラミングに本はいらない」といわれることが多いです。

 

しかしながら、本でしか学べない知識や本だからこそ学べる知識は存在します。

 

まずは、「プログラミングに本はいらない」といわれる理由について理解しましょう。

 

検索すればわかるから

 

今や、インターネットの存在は当たり前であり、プログラミングについても検索すればいくらでも無料で学べる時代です。

 

購入費がかからず、本に比べて短時間で少しずつ知識が習得できることが特徴です。

 

スマートフォンがあれば、どこでも学習できます。

 

こういった手軽さから、本はもういらないと考える人もいるでしょう。

 

オンライン学習サイト・動画教材が普及したから

 

インターネットが普及し「プログラミング」が注目され始めてから、学習サイトや教材が増えています。

 

無料で使えるものや課金タイプのものまで幅広く存在します。

 

PCだけでなくスマートフォンやタブレットでも使用できるため、場所を問わず勉強できる点が魅力です。

 

また、解説が多く実際に手を動かしながら学習できるため、わかりやすいことも大きな特徴。

 

オンライン学習サイトや動画教材で事足りるため、本はいらないといわれてしまうことが多いです。



費用がかかるから

 

オンライン学習サイトや動画教材は無料で使えるものも多く、課金タイプでも月1,000円程度と低価格です。

 

インターネット検索はもちろん無料であり、一つの知識に対し数多くの解説サイトが存在します。

 

それに対し、本は1冊1000-5000円と比較的購入コストが高めであり、複数の知識を得るためには何冊も購入する必要があります。

 

そのため、無料・低価格で学べるなら本はいらないと考える人も多いでしょう。

 

プログラミング学習で本を活用するメリット

パソコンで仕事をする女性

 

それでは、プログラミング学習であえて本を活用するメリットは何でしょうか。

 

ここでは、本を活用したプログラミング学習のメリットを3つ説明していきます。

 

体系的な知識を得られる

 

単体の事柄についてはわかるのに、全体像が見えないということってありませんか。

 

よく知識同士の関連性が見えた時に、点と点がつながって線になるといいますよね。

 

プログラミング学習も同じで、構文ひとつひとつを暗記したとしても、プログラム全体を作るとなると、何をしていいかわからなくなります。

 

特に、インターネットは断片的な情報が多く、知識を関連づけて覚えることはなかなか難しいです。

 

本であれば知識同士を関連づけながら学ぶことができ、インターネットや教材のように知識が散在する心配もありません

 

わからなくなってもすぐに戻って読み返せる点も大きなメリットになります。

 

基礎知識以上の専門知識が得られる

 

オンライン学習サイトや動画教材などは、プログラミング言語の基礎部分を取り扱っています。

 

基本文法やそれぞれの言語の特徴についての学習が中心です。

 

一方書籍では、コードやコメントの書き方、常識、言語ごとの思想、より専門的な知識についても学べます

 

構文レベルの基礎知識以外を学びスキルアップしていくためには、本の活用が必須といえます。

 

短期間で基礎を固められる

 

本は、わかりやすく順番に学ぶことができるため、効率よく知識を得ることが可能です。

 

目的に合わせて本を選べば、あとは読み進めていくだけなので、短期間で基礎を固めるにはうってつけです。

 

インターネットでは、一部分の情報が多く存在しているため、それらを繋ぎ合わせて理解するまでにかなり時間を要します。

 

全体像も見えにくく非効率な学習になりやすいので、完全初心者から学習をスタートする場合、本は最適な学習ツールといえます。

 

信頼できる

 

インターネットは情報量も多く無料で使えるため、学習にはうってつけと思われがちです。

 

しかし実際は、信憑性の低い情報が多く存在しており、誤った知識や考え方を得る可能性が高いです。

 

書籍は複数回の校閲を経て出版されているため、基本的には信頼性の高い情報を得ることが可能です。

 

情報の信頼性を考慮する手間が不要なことも、本を活用した学習のメリットです。

 

初心者が最初に買うべき3冊はこれ!

積まれた本

 

プログラミング初心者の方は、どうやって学習すべきか迷うことも多いでしょう。

 

先ほどお伝えした通り、プログラミング初心者の方の学習に本は最適といえます。

 

そこで今回は、初心者が最初に読むべき3冊を紹介します。

 

こちらは、プログラミング言語の学習教材と合わせて学習を進めることをおすすめします。

 

プログラムはなぜ動くのか 第3版 知っておきたいプログラミングの基礎知識

 

プログラムに全く触れてこなかった方は、「プログラム」といわれてもイメージしにくいと思います。

 

自分が作る目標物をイメージできていなければ、プログラミング言語を理解するのは難しいでしょう。

 

そのため、まずは「プログラムとは」という段階からひとつひとつ理解していく必要があります。

 

この本では、CPU(コンピュータの脳のようなもの)やデータの構造、OSなど「プログラム」を学ぶ上で重要なIT知識について学べます。

 

これから学ぶプログラミングでどんなことができるのかを理解するために、重要な一冊です。

 

プログラミング入門講座-基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業-

 

プログラムについて理解した上で読みたいのがこの本です。

 

プログラムを作るための「プログラミング」について学べる一冊になります。

 

プログラミング言語は次々出現しますが、プログラミングの思考法は共通していることが多いです。

 

目的動作をコンピュータに行わせるためには、どのような指示を出せばいいのか、プログラミングの作業について体感しながら学べる一冊です。

 

目的に対してどんな指示を出せばよいのかという思考は、プログラミングという作業のメイン部分です。

 

最初にプログラミングの面白さを体感することで、その後の学習効率が非常によくなります。

 

リーダブルコード

 

プログラミング初心者の必須本ともいえる「リーダブルコード」。

 

コメントや変数といった共通機能の上手な活用方法や考え方について学べます。

 

ある程度コメントや変数に見慣れてきた段階で一読することをおすすめします。

 

ソースコードは自分だけが見るものではありません。

 

作成した人や状況を全く知らない人が読むことも多く、誰にでも理解できるソースコードを意識する必要があります。

 

そのためのわかりやすいコメントの書き方や、理解しやすい変数名の付け方など具体例を交えて学習することが可能です。

 

自己流の書き方が定着しないよう、エンジニアであれば定期的に読み返すべき一冊になります。

 

プログラミング学習に本を活用しよう

 

今回は、プログラミング学習に本はいらないといわれる理由と本を活用した学習方法のメリットを紹介しました。

 

オンラインで何でも学べる時代ですが、やはり本から学ぶメリットは多く存在します。

 

オンライン・動画教材やインターネット、本などを組み合わせて、自分なりの学習方法を見つけてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

わい

都内在住の文系出身エンジニア。2022年2月より副業ライター・ブロガーとして活動開始。読書やガジェット、カメラやカフェ巡りなど幅広い趣味を持っています。趣味や未経験→エンジニア転職などの経験を活かしたコンテンツが得意です。

-BoookCrunch, 読書
-

Copyright© AMANAUT , 2022 All Rights Reserved.