書籍JANコードとISBNの違いについて解説【ほぼ同じ】

悩んでいる人

本の裏に、バーコードってありますよね。あれは書籍JANコードと呼ぶようなのですが、よくあるISBNコードと同じものなのでしょうか?それとも違いがあるのか、よくわからないのでモヤモヤしています。

 

このようなお悩みに回答します。

 

本記事の内容

・書籍JANコードとISBNはほぼ同じ
・バーコードか番号かの違い
・JANコードがあると何かと便利

 

本記事の信頼性
ヒロキタナカ

ヒロキタナカ(@hiroky_info

 

今回は、本の裏表紙に印字されている書籍JANコードとISBNの違いについて解説。

 

本好きな人でも、スルーしている人が多いテーマではないでしょうか。

 

本記事を読むと、書籍JANコードやISBNの役割について理解できます。

 

≫ 【読書家必見】本の要約アプリ「flier(フライヤー)」を無料で試せます。

 

書籍JANコードとISBNの違い…そもそもJANコードって何?

 

書籍JANコードとISBNの違いを説明していく前に「JANコード」について簡単に説明します。

 

JANコードは、商品パッケージなどに印字されているバーコードのこと

 

JANはJapanese Article Numberの略称です。

 

世界的には、EANコード(European Article Number)と呼ばれています。

 

JANコードは、GS1 Japan(流通システム開発センター)という組織に申請して作成可能。

 

JANコードの目的は、お店が売上を管理したり商品の在庫を管理するのに使うことです。

 

また、自社のオリジナル商品だというアピール材料として発行するケースもあります。

 

確かに、JANコードがあるといろいろ便利ですね。オンラインで自社商品を販売する場合にも、JANコードがあったほうが何かとうれしいです!

 

書籍JANコードとISBNとは?

 

 

書籍JANコードとISBNについて、それぞれ解説します。

 

書籍JANコード

 

本の裏表紙にある二段のバーコードは「書籍JANコード」と呼ばれています。

 

書籍用のJANコードということです。

 

昔の本にはバーコードが印字されていない場合も多いですが、現在市場で流通している本にはほぼ印字されていますね。

 

  • 上段:978という番号は「本」であることを示す
  • 下段:192という番号は「本」であることを示す

 

下段のバーコードについて、192以降の番号はC分類などと呼ばれ本の発行形態やジャンルを把握可能。

 

また、本の価格もバーコード末尾付近の番号で示されています。

 

※ 一番最後の数字はチェックディジットと呼ばれており、価格を示してはいません。

 

書籍のみに割り当てられるバーコード番号が書籍JANコードですね!

 

ISBN

 

ISBN(International Standard Book Number)というのは、国際的な規格コードのことを指しており日本でも使われています。

 

「Book」と記載があるように、本のみに用いられるコード。

 

本の裏表紙のバーコードの右側に「ISBN978-4-…」「ISBN4-…」と印字されていることが大半です。

 


日本のISBNは978-4から始まっています。

 

この978という番号は「書籍」のこと。

 

日本は978ですが、979の国もあります。

 

4という数字は「日本」のことです。

 

ここの数字は国や地域によって異なりますね。

 

このISBNによって、書籍JANコードが作成されます

 

書籍JANコードとISBNの違い

 

書籍JANコードとISBNの違いについて簡単に説明すると、書籍JANコードがバーコードでISBNは識別番号です

 

 

JANコードは本だけではなく、あらゆる商品に付与されるものです。

 

一方で、ISBNや書籍JANコードは書籍のみに割り当てられられるもの。

 

まとめ

まとめ

 

今回は、本に印字されているバーコードとISBNコードについてご説明しました。

 

古い本には書籍JANコードがない場合も多いので、チェックしてみてください。

 

今回は以上です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター / ライター。選書サービス「雨音選書」を運営。選書した本を紹介しています。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊、bizSPA!フレッシュ などで執筆。aumo公式ライター。

-豆知識