スキマ時間にサクッと!小学生や中学生でも読めるショートショート小説のおすすめ10選

  • URLをコピーしました!

ショートショートとは超短編小説のことです。

一つ一つ、ページ数は少ないものの、中には驚きや不思議な物語が詰まっています。星新一のようなSF作家に代表される独特の世界観に、小・中学生のころから夢中になった方も少なくないはず。ですが、そのジャンルはSFだけにとどまらず、ミステリーやダークコメディまで、幅広く広がっています。

この記事では、その中から特に読む手を止められない傑作をピックアップ。おすすめの作品を紹介するので、気になる一冊を見つけたら、ぜひ手に取ってみてください。

目次

ショートショートとは

部屋で本を読む女性3

ショートショートは超短編小説のことを指し、一つの作品は数ページから十数ページ程度で完結することが多いです。物語をサクッと楽しめることから多くのファンに支持されています。

日本では、星新一などがこのジャンルの代表的な作家として知られており、彼の作品群には数ページの中に幅広いアイディアや驚きの展開が詰め込まれています。

また、ショートショートはSFやミステリー、ファンタジーといったさまざまなジャンルで書かれることが多く、それぞれの作家や作品ごとにストーリー展開や世界観が大きく異なります。このため、読書初心者から上級者まで幅広く楽しむことができるのが特徴です。

ショートショートのおすすめの選び方

メガネをかけて本を読むアジア人女性

ショートショートは、出版の時代、ジャンル、国ごとにその特色が異なり、各々が独自の魅力を持っています。ここでは、その多様な中から自分の好みにぴったりのショートショートを見つけるための選び方をご紹介します。

ジャンルを特定する

ショートショートはSFからミステリー、ファンタジー、リアルな日常を描いたものまで様々なジャンルが存在します。自分の興味のあるジャンルを特定して、そのジャンルのショートショートを探してみましょう。

作家で選ぶ

特定の作家、例えば星新一や村上春樹など、あるいは外国の作家でショートショートを書いている人物が好きなら、その作家の作品を手始めに読むのも良い方法です。

時代で選ぶ

小説は、その発表された時代の背景や独特の表現、そして世界観が織り込まれています。年代を基に作品を選ぶことで、ショートショートを新しい視点で楽しめるのではないでしょうか。古き良き時代の作品と現代のものを対照的に読むことで、各時代の特色を感じ取るのも面白そうですよね。

読書の目的に合わせる

気軽に読みたい、考えさせられるものを読みたい、驚きたい、笑いたいなど、読む目的に応じてショートショートを選ぶことも大切です。

面白いおすすめのショートショート

飲み物を片手に読書する女性

ショートショートは超短編小説として、少ないページ数にも関わらず驚きや不思議な物語で読者を魅了します。星新一をはじめとした名作家の独自の世界観は多くのファンを持ち、ジャンルはSFのみならず多岐にわたります。

では、おすすめのショートショート10選をご紹介します。

あやしい遊園地

「あやしい遊園地」は、星新一さんの弟子である江坂遊さんの、70篇の選りすぐりの作品です。ユーモア溢れる短編からゾクゾクする恐怖の物語、シュールな世界まで、読者は一篇一篇の中に多彩な驚きと感動を味わえます。

その中でも平凡なサラリーマンの日常が狂い始める「地下鉄御堂筋線」や、星新一ショートショート・コンクールで最優秀作品に輝いた「花火」は特に見逃せません。

ぜひ、江坂遊さんの世界に足を踏み入れてみてください。

夢巻

星新一さんの唯一の後継者・江坂遊さんが認めた田丸雅智さんのショートショート作品集「夢巻」。

日常の中に紛れ込む不可思議な出来事や、ゾクゾクとする展開が、読み手を一気に物語の世界へ引き込みます。

ピースの又吉さんもこの作品を高く評価していたとか。田丸さんの奥深い世界観を、この機会にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

ボッコちゃん

「ボッコちゃん」は作家・星新一さんの代表作です。短いページ数でありながら、ゾッとするエピソードや、奇妙な結末、滑稽なオチが巧みに描かれています。

40年以上前の作品でありながら、その魅力は現代にも通じ、未来の出来事を予感させるような話も含まれています。読み応え抜群の一冊を、手にとってみてはいかがでしょうか。

ショート・トリップ

森絵都さんのショートショート集「ショート・トリップ」は、48編収録されています。

元々は中学生新聞の連載「Further sight 旅のかけら」で人々に読み継がれてきました。すべての物語はわずか3ページ。

スキマ時間で心が旅をするような体験を楽しめるでしょう。

笑うな

「笑うな」は、筒井康隆のブラックユーモア溢れるショートショート集。星新一のファンなら、この作品は必読です。

ユニークな発想に溢れた34の作品には、絶対に現実では起こり得ない設定の中に、ほんの少しの真実が織り交ぜられています。

短時間で心が引き込まれるこの作品は、通勤や通学の隙間時間にぴったり。筒井康隆は「読売文学賞」や「川端康成文学賞」などの複数の賞を受賞しており、彼のファンには特におすすめの一冊です。

海色の壜

「海色の壜」は、田丸さんの手掛ける幻想的なショートショート集。田丸雅智ワールドが全開の20編が収録されています。ファンタジーの世界に入り込み、美しい情景や出来事に出会えること間違いなし。

笑える話からゾクゾクする話、不思議系やほのぼの系まで、さまざまなショートショート小説が満喫できる一冊となっています。

短劇

「短劇」は、坂木司さんが描くショートショート集。『本が好き!』での連載が書籍として生まれ変わり、収録されている26の作品は坂木さんの新たな一面を見せてくれます。

従来の作風とは異なるビターでブラックなショートショートは、「奇妙」「不思議」「気味が悪い」というキーワードがぴったり。

物語の冒頭は坂木さんらしい穏やかさを持ちながら、徐々にその雰囲気は豹変。クライマックスの予測不能な展開を、この一冊でぜひ体験してみてください。

ようこそ地球さん

「ようこそ地球さん」は、星新一さんの初期の短編集です。人類の未来に潜む悲喜劇が、奇想天外なアイディアで描かれているのが特徴。その豊富なアイディアには驚くばかり。

42編のショートショートが収録されているこの本は、読むたびに新しい発見がある一冊ですよ。

職場、好きですか?

「職場、好きですか?」は、職場の日常を舞台に、不思議な人たちが織り成す一風変わった出来事のショートショート集。OLたちの複雑な人間関係や、キャリアウーマンへの男性の嫉妬感情。これら日常の中にSF要素をふんだんに盛り込んでいます。

物語の舞台は一見、ごく普通の職場。だからこそ、ストーリーには意外な現実味があり、読む者は「これ、自分の職場でもありそう」と思ってしまうかもしれません。

想像以上に身近な出来事が織り成す物語は、自分の職場や人間関係を考えさせられる、心に残る作品集となっています。

4ページミステリー 60の奇妙な事件

「4ページミステリー 60の奇妙な事件」は、その名の通り、短いページ数ながらも驚きのクオリティを持つ60編のショートショートミステリを収録。各話はわずか4ページで完結するのでサックと読めることが魅力です。

読むたびに新しい発見がある、ミステリーファン必読の作品集です。

まとめ

ショートショートはページ数が少ないながらも驚きや不思議なストーリーが詰め込まれた超短編小説です。

SF作家星新一のような独特の世界観が多くの人々を魅了してきましたが、ジャンルはSFに留まらず、ミステリーやダークコメディなどさまざまなジャンルが含まれます。

この記事では、その中から特に注目の作品を紹介しましたので、興味を持ったらぜひ読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社アマノート取締役。ブッククランチでは、本の魅力を広く伝え、人々の日常に彩りを加えることを目指しています。

目次