寝る前の読書はよくない?その理由や対策を解説

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

勉強4

amada

幼い頃から読書が好きで、自分でも文章を綴るようになりました。また、趣味として映画鑑賞や写真撮影も行っています。文章を通して、毎日を少しだけ豊かにできるような情報を発信していきたいです。

読書は様々なメリットをもたらしてくれます。知識をインプットさせるだけでなく、ストレス解消などのメリットがあります。しかし読書は時間帯が重要で、寝る前に行うのはよくないと言われています。

ではどうして寝る前の読書はよくないと言われているのかだけでなく、対策方法なども紹介します。

寝る前の読書がよくない理由とは?

段差に座って読書をしながらよそ見をする女性

寝る前の読書よくないと言われている理由は、幾つかのデメリットが生じるためです。

具体的にどういったデメリットがあるのか、紹介しましょう。

睡眠の質が悪くなる

寝る前の読書するときに、電子書籍を用いると睡眠の質が悪くなりやすいです。

電子書籍を表示する電子端末は、ブルーライトを発します。

このブルーライトを長く浴びてしまうと自律神経のバランスが乱れすくなり、睡眠の質が悪くなってしまうと考えられています。

目や体に負担がかかりやすい

寝る前の読書は、座っているのとは違って寝ころんだ姿勢になる人が多いでしょう。

通常とは異なる姿勢で読書をすると、身体に負担がかかりやすいと言われています。

また、読書に夢中になってしまうと同じ姿勢を維持してしまいがちです。

そして読書は目を使うので、特に電子書籍などを使用する場合はブルーライトを浴びるので負担は避けられません。

その結果、疲労が蓄積されて眠りの質を低下させてしまう原因に繋がります。

寝つきが悪くなりやすい

一区切りがつかない長編作品は、先が気になってついつい長時間になってしまうケースが多く見受けられます。

そのため寝る前に読書をする際、本選びは工夫が必要です。

安易に好きな本を選んでしまうとその楽しさに脳が覚醒してしまう場合があり、自律神経が乱れる原因に繋がりやすいでしょう。

そして、眠りたくても眠れないといった寝つきが悪い状態を作りだす可能性を高めてしまいます。

寝る前に読書すると得られるメリット

デメリットはあるものの、寝る前の読書にはメリットもあります。

具体的にどんなメリットがあるのか紹介していきましょう。

ストレスを解消できる

特に読書が趣味の人にとっては、好きなことをするわけですから本を読むだけでストレスを解消しやすいでしょう。

また特に小説などストーリー重視の作品は、現実逃避がしやすいので気分転換になります。

記憶力を向上させる

睡眠前は、1日のなかでもリラックスしている状態です。

そのため、物事をインプットしやすいので記憶力が向上するメリットがあります。

この性質を活用して寝る前に参考書など書籍を読めば、効率よく知識を取り込めるでしょう。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

※いつでも退会できます

寝る前に読書をする時の対策

人差し指を立てる女性

寝る前の読書をするときは、しっかり対策をすればデメリットを避けられます。

ではどんな対策が有効か紹介していきましょう。

電子書籍は避ける

寝る前の読書をする際、電子書籍は避けましょう。

紙の本と違ってブルーライトは目に負担を与えるだけでなく、自律神経が乱れやすくなります。

できるだけ負担をかけず、眠りの質にこだわるのであれば紙の本を選ぶようにしましょう。

目の負担を避けるのであれば、オーディオブックで聴きながら読書する方法も有効です。

短時間で読めるジャンルを選ぶ

本のジャンル選びも、寝る前の読書では重要なポイントです。

長編などページ数が多い本は、読書を止めるタイミングが掴みにくいので避けましょう。

短編など、できるだけ短時間で読書ができるジャンルがおすすめです。

部屋の照明を調節する

ブルーライトも含めて、明かりは目や自律神経に影響を与えやすい要素です。

寝る前に読書をする際は、目に負担が掛からないように適度な明るさに調節してください。

照明の調節ができれば、目の負担も和らぎます。

負担のかからない姿勢を意識する

通常の姿勢と違って、寝る前の読書は体に負担を掛けやすいデメリットがあります。

その対策として短時間で終わらせるだけでなく、負担のかからない姿勢を意識するのも大切です。

できるだけ同じ姿勢を維持するのは避けて、定期的に姿勢を変えながら読書するようにしましょう。

寝る前の読書におすすめの本3選

寝転びながら読書をする若い女性

寝る前の読書をする際は、本選びが重要です。

それでは、おすすめの本3冊を紹介します。

月とコーヒー

「つむじ風食堂の夜」などを執筆した吉田篤弘の小説です。

24話の短編が一冊にまとめられており、短時間の読書におすすめです。

内容としてはとある喫茶店のケーキや、トランプのジョーカーなど他の作品では見られないものを題材にしています。

また、個性豊かでファンタジーテイストの短編がぎゅっと詰まっている本です。。

ブレインメンタル強化大全

精神科医・作家の樺沢紫苑による実用書です。

内容としては、睡眠や食事といった生活習慣に関わるあらゆる要素を取り上げています。

そしてどのようにして仕事などのパフォーマンスを上げていくかということを解説している本です。

科学的な視点に基づいているだけでなく、100種類もの方法を提示しています。

明日から実践しやすい方法もあるため、寝る前の読書にぴったりの一冊です。

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~

香月美夜によるライトノベル作品です。

累計800万部を超え、アニメ化もされています。

内容としては、主人公が小さな女の子に異世界へ転生するところから始まります。

しかしその世界では読み書きの文化が低く、書物が殆ど存在しません。

由々しき事態に、主人公は「本を作ること」を思いつきます。

長編ではありますが、読書の習慣がない人も読みやすいジャンルとしておすすめです。

まとめ

寝る前の読書は、睡眠の質を下げるだけでなく目や体に負担を与えてしまうデメリットがあります。

しかし電子書籍を避け、負担にかからない環境作りと姿勢を意識して対策すればメリットを享受できます。

自分の目的に合わせて本を選びつつ、寝る前に快適な読書ができるよう適切な対策を行いましょう。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

amada

幼い頃から読書が好きで、自分でも文章を綴るようになりました。また、趣味として映画鑑賞や写真撮影も行っています。文章を通して、毎日を少しだけ豊かにできるような情報を発信していきたいです。

-読書