ブックディレクターとは?本とクライアントの関係性をつむぐ職業

2022年3月1日

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

本を抱えて立つ女性

ヒロキタナカ

一橋大学大学院を修了後、IT業界を経て書籍商として独立。オンライン古書店を運営しながら、選書サービスをスタート。大手Webメディアを中心に、選書も行う。

「ブックディレクター」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。

本の需要が年々低くなっていくいる中で、新たに生まれた本に関する職業です。そこで、今回はブックディレクターについて紹介します。

ブックディレクターとは?

ブックディレクターとは、本のディレクションを行う職業です。ディレクターという職業がありますよね。

さまざまな関係者の間を取り次ぐ仕事です。たとえばWebディレクターの場合、プロジェクトの進行役として働きます。

ブックディレクターも、ある目的に向けてクライアントと本との関係性をつむぎます。

ブックディレクターの仕事内容

具体的にどのような仕事をしているか紹介します。具体例は以下のとおりです。

  • 選書
  • 執筆
  • 企画
  • キュレーション

選書に関しては、当社でも行っているのでぜひチェックしてみてください。

no image
雨音選書 | 選書サービス - 性格診断による本との出会い

続きを見る

つまり、本に関することを総合的に扱う職業です。わかりやすい例だと、美容室やホテルにある本。

あの本は、ブックディレクターが選んでいる場合があります。

空間のイメージにあった本をチョイスするのも仕事です。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

※いつでも退会できます

ブックディレクターになるには?幅允孝さんの本がおすすめ

ブックディレクターとして有名なのは「幅允孝」さんです。

本も出されているので、ぜひチェックしてみてください。

ブックディレクターについてのまとめ

今回はブックディレクターについて紹介しました。本とクライアントの関係性を構築する仕事。

本が好きな人にはぴったりな職業といえそうです。しかし、まだまだ発展途上の世界なので今後の需要拡大に期待が高まります。

ブックセレクターとは?本との出会いをディレクションする新しい仕事

続きを見る

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

一橋大学大学院を修了後、IT業界を経て書籍商として独立。オンライン古書店を運営しながら、選書サービスをスタート。大手Webメディアを中心に、選書も行う。

-豆知識