【11月1日】本の日と当社の設立日が同じ理由(本棚:111)

2020年6月12日

悩んでいる人

本の日ってなんですか?

 

こんなお悩みに回答します。

 

本記事の内容

・本の日は11月1日
・1が3つ並ぶと、本が並んでみえる
・当社の設立日も11月1日

 

今回は、今の日について解説します。また、当社は本の日に設立をしたのですが、意図的に決めました。そのようなことからも、本の日と当社の設立日の関係性についても説明します。

本の日とは?

本の日(11月1日)は、「本の日」実行委員会が普及活動をしています。

比較的新しい取り組みのようです。

1という数字を本に見立てています。

本棚に並ぶ本を見立てて(111)11月1日に指定いたしました。

本の日って何?(本の日)

確かに、「111」が本が並んでるように見えなくもないですよね。

当社の設立日【11月1日】

当社の設立日【11月1日】

当社の設立日も、11月1日にしました。

これは、偶然ではなく、意図的に設定したものです。

ちなみに、会社の設立日は、割と意図して決めることができます。

会社の本店所在地としたい地域を管轄している法務局に対して、登記申請をした日にちが「設立日」です。

当社は、最初の事業は「古本の販売」と決めておりましたので、験担ぎの意味も込めて11月1日にしました。

一般的には、縁起のよい大安の日にしたりするようです。

まとめ

今回は、本の日と当社の設立日の関係についてご紹介しました。

最後に「絵本」の紹介をします。

絵本作家のエドワード・ゴーリーの作品です。

やや不気味な絵が多いですが、不思議と引き込まれる魅力があります。

今回は以上です。

選書サービス 雨音選書

選書サービスであなたに合った本をご提案【未知の本との出会い】

2021/4/18  

悩んでいるネコ 最近読書にハマっているんだけど、もっと自分に合いそうな本を知りたい!   選書サービス(雨音選書)では、そのようなお悩みを解決します。   雨音選書 ・オンライン古 ...

Popular

-BookCrunch, Others, Promotion

Copyright© AMANAUT , 2021 All Rights Reserved.