Audible(オーディブル)のおすすめミステリー小説12選!聴き放題作品を紹介

2022年10月9日

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

amada

幼い頃から読書が好きで、自分でも文章を綴るようになりました。また、趣味として映画鑑賞や写真撮影も行っています。文章を通して、毎日を少しだけ豊かにできるような情報を発信していきたいです。

会員になると12万以上の作品が聴き放題となる、AmazonのAudible。

無料体験キャンペーンが実施されることもあり、お得に「聴く読書」を楽しめます。

Audibleではさまざまなジャンルの作品が配信されており、ミステリー小説が充実しているのもうれしいポイントです。

そこで、本記事ではAudibleで楽しめるおすすめのミステリー小説を紹介します。

Audible(オーディブル)とは?

Audibleは、プロの声優や俳優がナレーターとして本を朗読するオーディオブックサービスです。

聴きながら読書ができる仕組みなので、家事や仕事の合間のながら作業や通勤や通学の隙間時間に利用できます。

アプリを利用すれば、インターネット環境がなくてもオフラインで再生可能です。

12万冊以上のタイトルが対象作品となっており、幅広いジャンルから読みたい本を選べます。

また、独自のサービスとしてポッドキャストも提供しています。

Audible(オーディブル)のおすすめミステリー12選

スマートフォンを見つめる女性

Audibleでは、ミステリー小説もラインアップが豊富です。

聴き放題の対象作品の中から、おすすめタイトルを紹介します。

犯罪者

白昼の駅前広場で起きた通り魔事件をきっかけにはじまるミステリー小説です。

物語の主人公は刑事の相馬、相馬の友人の鑓水と相馬が命を救った修司の三人を中心に進んでいきます。

正体不明の暗殺者に命を狙われる状況のなか、主人公たちが必死に事件の謎を追う展開が魅力です。

硝子の塔の殺人

第19回本屋大賞にランクインした、知念実希人による長編ミステリーです。

舞台は「硝子の塔」と呼ばれる巨大な建造物。

とある大富豪が刑事や霊能力者など、さまざまなゲストを招待します。

そして巻き起こる殺人事件。

個性的な人物たちが織りなす癖のあるストーリーが楽しめる作品です。

黒籠城

米澤穂信にとってデビュー20周年を飾る作品です。

時代は天正六年。

織田信長から反旗を翻した荒木村重が有岡城に籠城するところから、物語ははじまります。

城内の人々は動揺し、次々と事件が起こるように。

困った荒木は、囚人の黒田官兵衛に助けを求めます。

戦国時代を舞台にしたミステリーで、第12回山田風太郎賞など数多くのコンテストで賞を獲得した小説です。

火車

国内外でメディアミックスされた作品です。

刑事の本間俊介は休職中ではあったものの、とある男性から婚約者を探してほしいと依頼を受けます。

そして調べていくなかで、行方不明なった女性が自分の意思で消えたと思われる証拠を次々と発見。

その理由を探ると、思わぬ真実が待っていました。

「カード社会」を題材にした作品で、社会問題に一石を投じながら展開していくストーリーが見どころです。

また第6回山本周五郎賞などの賞も獲得しています。

理由

舞台は東京都にある高層マンション。

その一室で不可解な殺人事件が発生。

被害者たちは家族かと思われましたが、血のつながりもない赤の他人でした。

被害者たちは何者でどういった接点を持って暮らすことになり、そして命を奪われてしまったのでしょうか。

関係者たちの視点を通して、その謎に迫ります。

この作品はドキュメンタリー形式で展開していき、リアリティの高いストーリーが見どころです。

第120回直木三十五賞受賞作品で、2004年と2012年にはドラマ化されました。

グラスホッパー

角川文庫が出版している伊坂幸太郎の小説です。

元教師の鈴木は妻を殺した男が車で轢き殺される瞬間を目の当たりにします。

復習を横取りされた鈴木は、それが「押し屋」という殺し屋集団の仕業と突き止めました。

同じ押し屋を追っていたのが、自殺専門の殺し屋「鯨」とナイフ使いの「蝉」です。

鈴木・鯨・蝉の思惑が交差して物語が緊迫の中展開されていきます。

スピード感に溢れるミステリー小説です。

ドキドキするミステリー小説が読みたい人におすすめします。

AX アックス

殺し屋シリーズの第三弾に位置する、短編形式の作品です。

主人公は殺し屋の「兜」で、ストーリーは息子の誕生をきっかけに足を洗うのを決意するところからはじまります。

しかしとある出来事がきっかけで命を狙われることに。

暗殺者として一流ながら、家庭では妻に頭が上がらないヘタレな性格を持つ兜のギャップが魅力の作品です。

すべてがFになる

第1回メフィスト賞受賞作品です。

主人公は国立N大学の助教授である犀川創平と犀川創平の研究室に所属している学生の西之園萌絵で、行く先々で起こる難事件を解決していきます。

S&Mシリーズの第1作に位置するこの小説は、犀川を含めた研究室メンバーは旅行も兼ねて訪れた真賀田研究所で殺人事件が起こります。

ドラマやアニメなどさまざまな業界でメディアミックスも行われた人気作です。

カラスの親指

詐欺を働きながら生活を送るふたりの中年男性。

そんな彼らの家に、少女が転がり込んだところから日常が一変します。

血のつながりもない、赤の他人が一緒に暮らすように。

癖のある登場人物たちの掛け合いも見どころで、人情モノが好きな人にもおすすめです。

密告はうたう

警察を主人公にした小説です。

ストーリーは警視庁人事一課監察係として働く佐良が、元同僚の皆口が不正を働いているという密告を受けて調査に乗り出します。

しかし操作を進めていくうちに、未解決事件との関連性が浮上。

警察内部を取り締まる監察係として、組織内部の闇に触れながら事件の真相に近づいていきます。

なるへそ

短編集形式のミステリー小説です。

月に一度とある寿司屋で開催される「黒焦げ蜘蛛の会」。

そこでは専門家4人が招いたゲストの悩みを聞いて、その謎を解き明かしていました。

しかし、今回はどれだけ考えても答えが見つかりません。

悩める専門家たちでしたが、とある人物の介入によって答えを見つけ出します。

軽快なやりとりで謎が解き明かされていく展開が魅力で、普段はミステリー小説を読まない人にもおすすめです。

青の炎

角川文庫から出版されている貴志裕介の著作です。

湘南の高校に通う秀一は、母と妹と三人で暮らしていました。

平和な暮らしをしている中に、母の元再婚相手である曾根が家庭に居座ることになります。

曾根の乱暴な振る舞いにより家庭はめちゃくちゃにされてしまいます。

秀一は曾根を葬ることを決意しました。

秀一の完全犯罪への戦いを描いた作品です。

切なさがありながら感動できる作品なので、ミステリー好きにはおすすめの小説です。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

※いつでも退会できます

Audible(オーディブル)のおすすめミステリー:まとめ

ミステリー小説をAudibleで視聴するメリットは、ナレーターの朗読によって映像作品に近い楽しみ方ができる点です。

場所や時間を選ばず効率よく読書がしやすいサービスなのでスキマ時間を活用して、おすすめしたミステリー小説をAudibleで楽しんでください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

amada

幼い頃から読書が好きで、自分でも文章を綴るようになりました。また、趣味として映画鑑賞や写真撮影も行っています。文章を通して、毎日を少しだけ豊かにできるような情報を発信していきたいです。

-Audible, オーディオブック, ミステリ