ブックセレクターとは?本との出会いをディレクションする新しい仕事

2022年1月19日

近年、少しずつ知られてきた本にまつわるクリエーター「ブックセレクター」。

 

電子書籍やオーディオブックの盛り上がりなどを背景として、新たに生まれた職業です。

 

そこで、本記事ではブックセレクターについて解説します。

 

ブックセレクターとは

 

ブックセレクターとは、店舗・企業・病院などからの希望に応じて、本をピックアップする職業です。

 

ブックセレクターだけではなく、広い意味で「ブックコーディネーター」「ブックプロデューサー」と呼ばれることもあります。

 

選書にテーマを掲げてライブラリーを作るだけではなく、イベント企画なども行います。

 

選書サービスと同様に、職業として注目を集めているようです。

 

ブックセレクターへの仕事依頼

 

本記事の筆者(@hiroky_info)はブックセレクターとして活動しています。

 

選書サービス雨音選書を運営しつつ、企業メディアやオウンドメディアでも選書を実施中です。

 

 

どんな形であれ、「選書してほしい!」という人は、お気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター / ライター。選書サービス「雨音選書」を運営。選書した本を紹介しています。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊、bizSPA!フレッシュ などで執筆。aumo公式ライター。

-豆知識

Copyright© AMANAUT , 2022 All Rights Reserved.