読書とは何か?メリット・効果や読書法について徹底解説

PR

「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

夕日が綺麗なカフェで読書 女性

Joie

明治大学卒の元ヴィジュアル系バンドマンという異色の経歴ながらコーヒーの魅力に目覚め、現在はコーヒーの勉強中。外国語が趣味で洋書を嗜みます。毎日少しずつの読書を心がけています。

趣味や学習で読書をする人はたくさんいますよね。気持ちが落ち着いたり手軽に勉強できたりメリットが多くあります。

私たちが何気なく行っている読書はいったいどういうものなのでしょうか。

読書とは何か、そして読書をすることによる効果やおすすめの読書法について詳しく説明します。

読書の魅力を知り、普段の生活に読書を取り入れるきっかけにしてください。

読書とは

コーヒーと読書する人

「本」や「書物」にもさまざまな種類がありますよね。小説・参考書・雑誌・マンガなど多岐にわたります。

最近では紙だけでなく電子端末でも本が読める時代になりました。

読書とは、一般的には「本」や「書物」を「読む」という行為を意味します。

難しい本ではなくても、漫画を読むだけでも読書になるわけです。本への向き合い方は人によって異なります。

本を読む本人が「読書」と思えばそれは「読書」になるのでしょう。

読書の役割

夕日がきれいなカフェテラス 読書 女性

では読書はどのような役割を担っているのでしょうか。

ここでは2つの大きな観点から読書を解説します。

娯楽としての読書

1つに「娯楽」としての役割があります。趣味で読書をする人は特に娯楽として楽しんでいることでしょう。

有名な小説やカラフルな雑誌は、読むだけで楽しい気分や時に切ない気分にもなりますよね。

ストレスの解消やリラックスにもなります。何かを学ぶというよりかは、感情や気分の変化を重視しているはずです。

小説であれば、その世界観に没頭し涙を流す場面もあるかもしれません。

単純な面白さや興味によって動く感情を楽しむという目的で読書はされています。

教育としての読書

読書は「教育」としての役割も果たしています。本の中にはさまざまな知識や言葉などの情報が無数に存在しますよね。

分からないことや新しく勉強したい分野は、本から学習する人は少なくないでしょう。

持ち運びが可能で手軽に勉強ができるという点で、読書は教育や学習面で必要不可欠といえます。

年齢や性別はあまり関係ありません。学校でも必ず教科書が配られ、読むことで知識を身につけていきます。

教育というと少し堅苦しいかもしれないですが、学習と読書は切っても切れない関係にあるというわけです。

\ Audible会員なら聴き放題 /

無料で試してみる

※いつでも退会できます

読書の効果・メリット

本を読む手元

読書にはさまざまな効果やメリットがあります。ただ活字を読んでいるだけでも、気づかぬうちに恩恵を受けています。

次に、具体的な読書の効果について説明します。

語彙力や教養が身につく

読書の効果で分かりやすいものとして「語彙力や教養が身につく」ことがあります。

効果であり読書の主な目的ともいえるでしょう。本の著者やジャンルによって書かれ方は全く異なりますよね。

知らない言葉や知識に触れれば、自然に頭にインプットされます。

一度で全て理解することは簡単ではありませんが、何度も読むことで言葉の使い方や教養が身につくことでしょう。

クリエイティブになる

読書をすると「クリエイティブになる」効果もあります。活字を読むとき、私たち人間は頭の中で映像や画像として想像しますよね。

経験や体験に基づくので人によって何を想像するかは違うかもしれません。

本を読むことで情景を想像する機会が増え、想像力が向上します。イメージすることで本の内容を理解しやすくなるでしょう。

文章を読むことで、物を書く力も身に付きます。読書は「想像」と「創造」に貢献するといえるでしょう。

リラックスできる

読書には「リラックスできる」効果もあります。難しい本を読むと頭が痛くなったり嫌になる人もいるでしょう。

ですが、本を読み始めるとすぐに脳のストレスレベルが下がることがわかっています。

元気が出たり非日常を味わったりした経験が1度はあるのではないでしょうか。

緊張がほぐれ、頭の中が整理されるとスッキリしますよね。

音楽を聞きながらの読書や、寝る前の読書もリラックス効果を高めるためおすすめです。

関連記事:読書中に音楽を聴くメリットとは?おすすめのBGMも紹介!

コミュニケーションが上手になる

読書の意外なメリットとして「コミュニケーションが上手になる」ことが考えられます。

読書をすると語彙力が向上し表現力が養われ、感性が豊かにもなりますよね。

つまり、人とのコミュニケーションに必要なスキルが自ずと身につくことになります。

相手の気持ちを考えたり、言葉を選んだりできれば会話の幅がグッと広がるでしょう。

メールやチャットといった文字のコミュニケーションも同様です。

得た知識を使うことで、話題作りやより深い会話にも役立つかもしれません。

おすすめの読書法3選

カフェでパソコンを使いながら考える女性

ところで、みなさんは普段どのように読書をしていますか。決まった読書スタイルを持っている人もいるかもしれません。

読書の効果をより高めるために、おすすめの読書法がいくつかあります。

ここでは3つご紹介します。

目的を決める

読書をするときは目的を決めましょう。ただだらだらと本を読むことはあまりおすすめはできません。

特に学習のために読書をする場合は、何を知りたいのかはっきりさせておくことでよりスムーズな理解につながります。

読書には時間が少なからずかかりますよね。目的を決めることでさらに充実した時間になることでしょう。

何度も読む

一回の読書で本の内容をすべて理解することは極めて困難といえます。そんな時は「何度も読む」ことがおすすめです。

深く理解できるだけでなく、時間を空けてから読むことで新しい気づきがあるかもしれません。

昔読んだ本を読み返すと、当時と全然感覚が違うと感じた経験はありませんか。

本はいつまでも同じ形で残ります。復習や新しい発見のためにも繰り返し読んでみましょう。

読む時間帯を決める

「読む時間帯を決める」こともおすすめの読書法です。言い換えると、読書を習慣化してしまうということです。

朝読書は脳がスッキリした状態で可能なので、新しい知識や意識を上げるような内容がよいでしょう。

寝る前であればリラックスできる小説などはいかがでしょうか。

読書を決まった時間に行うことで、生活リズムも整いストレスの軽減や時間の有効利用になります。

読書を楽しもう

何気なく行っていた読書にも、重要な役割やメリットがあることがお分かりいただけたでしょう。

読書は少なからず人生を豊かにしてくれます。普段本を読まない人は、これを機にどんな本でもよいので1冊読んでみてはいかがでしょうか。

お気に入りの本や読書スタイルを見つけて、素敵な読書生活を楽しんでください。

なお、「効率的に読書を楽しみたい!」「文字を読みたくない!」という方には、小説やビジネス書が聴き放題のAmazonのオーディオブック「Audible」がオススメ!当サイトで紹介している多くの書籍は、Audibleでも楽しめます。

今なら無料で体験でき、いつでも退会できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 30日間の無料体験 /

今すぐ試してみる

※いつでも退会できます

※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Joie

明治大学卒の元ヴィジュアル系バンドマンという異色の経歴ながらコーヒーの魅力に目覚め、現在はコーヒーの勉強中。外国語が趣味で洋書を嗜みます。毎日少しずつの読書を心がけています。

-豆知識